社長ブログ記事一覧

社長短信 2017年10月9日 第442号

社長短信 2017年10月 第442号

 

幸せの心理学研修会について

 

先般の私の週間一言にて、幸せの心理学研修会の開催目的を「良好な人間関係を作る事でより幸せな人生を実現するため」とお伝えしましたが、この研修会との出会いは25年前になります。

先代の社長であった私の父が亡くなり、私が社長を引き継いだ時に、社長としての勉強の必要性を感じて、日本創造教育研究所という経営の勉強をする会社の門を叩いたのがきっかけです。

当時は社長になった気負いもありましたが、短気でごう慢で威圧的で、人生観において攻撃は最大の防御なり、と考える激しい性格でした。

そんな気性では良好な人間関係を作る事も出来ず、社員さんから尊敬どころか信頼を得ることすら出来ていませんでした。

頭では素直になり、相手を受け入れて仲良くしたい、と思うのですが実際にはなかなか上手く出来なくて毎日悶々としていました。

その時に出会ったのがこの幸せへの心理学でした。

この研修を通して自分の短所や長所を改めて知り、何故、良好な人間関係を作ろうとしても上手くいかないのか、働きやすい職場にするためにはどうしたらよいのか、などの課題を明確にすると共にそれらの改善策を見つけることが出来ました。

先ずは自己変革の一歩として、当時は笑顔がまったく出ない人間でしたので、笑顔の訓練を毎朝、洗面台の鏡を見ながら始めました。

最初は笑顔をする事が下手で作り笑顔しか出せませんでしたが、毎日やっているとだんだんと板についてきて、自然と人間関係が良好になりました。

まだまだ百点ではありませんが、時々ですが笑顔を誉めてもらえるようにもなりました。

初めて笑顔を誉められた喜びは今でも忘れません。

社長として、父親として、人間として合格点にはまだまだ至りませんが、合格を目指して努力している自分を少しは承認出来るようにもなりました。

自分を認める事が出来るようになって初めて人生の喜びや楽しみが深く分かるようにもなりました。

このような心境になれたのも幸せの心理学を学んで自分の事を深く知り、上手くいっていない点の改善策を見つけ出して努力した成果です。

つばめ交通の社員の皆さんが自分自身を深く知り、更に良好な人間関係を作る方策を見い出されて、少しでも幸せな人生作りのお手伝をする事が社長としての使命だと考え、開催いたします。

社長の週間一言 2017年10月7日 第443号

人間と動物の違い「思いやりと自律心」第443号

 

人間と動物は見た目が違いますから直ぐに見分けはつきますが、最近は残酷な犯罪事件が多発して、中身は動物と同じような人が多くいます。

これは人間が本来持っている「思いやりと自律心」をどこかに置き忘れ、動物に近づいているからです。

良好な人間関係を作るために相手を思いやる心が必要であることは誰もが知っていますが、実際に行動に移すのが難しいのは、人は我欲に支配されるからです。

欲望は人間を成長させるために必要ですが、欲望を正しく律する自律心を持つことが人間の条件です。

仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事」の努力にて思いやりと自律心を更に高めたいものです。

 

2017年10月9日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年9月30日 第442号

人間に限界はない 第442号

 

「限界は自分だけが決めているものであり、限界は人間が挑戦して成長するためにある」

これは経営の神様と言われ、私が心から尊敬しているパナソニック創業者松下幸之助翁の言葉です。

「限界を破るために最善を尽くす。そこに真の人間の生きがいがある」とも言われました。

我が社の人事教育理念「人の可能性を信じてサジを投げない」はこの考えに共感して作りました。

事に取り組む時に、出来ない理由を考えて限界を作るよりも、出来る方法を考え抜き、そして失敗は成功の母、失敗は諦めた時と考え最善を尽くし限界を破り、更なる成長を図りたいものです。

 

2017年10月2日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年9月24日 第441号

幸せの心理学研修の開催目的について 第441号

 

私の社長としての責任はつばめ交通に関わる全ての人を幸せに導くことです。

人それぞれに幸せへのアプローチは違いますが、万人に共通するのは人間関係を良好にする事です。

どんなにお金や地位があっても、自分の周りの人間関係が悪ければ幸せを感じる事は出来ません。

この度、開催する研修会は自分の周りの人間関係を少しでも良好なものにするための研修です。

この幸せの心理学を学び、そして実践される事で皆さんが先ずは大事な家族と、そして周りの人々と良好な人間関係を作り出し、一度しかない人生を更に幸せにして欲しいと心から願い開催します。

 

2017年9月25日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年9月16日 第440号

逆縁の菩薩=良き解釈力のお手本 第440号

 

私の尊敬する友人のイタリアンレストランのオーナーで愛媛にて素晴らしい経営をされている方がいます。

大学卒業後にフランス料理店に修行に入られましたが、先輩にいじめられて大変に苦労をされたそうです。

最初の頃は、恨みにも思ったそうですが、料理の腕をあげて見返してやろうと一所懸命に努力をしたお陰で料理が上手になり、お客様からも店の仲間からも一目置かれる存在となり、料理が大好きになったそうです。

困難を乗り越えて福とする事を逆縁の菩薩と言います。

仕事をしているといろいろな出来事に出遭いますが、嫌な出来事から逃げ出さずに乗り越える努力にて人間力を高めることで逆縁の菩薩に出逢いたいものです。

 

2017年9月 18日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長短信 2017年9月11日 第241号

社長短信 2017年9月 第241号

 企業活動の一番の目的はお客様創造です。
更に、生産性の高い仕事にするためには、待ってでも選んでご利用下さるお客様、すなわちつばめのファンを創り出さねばなりません。
ファンのことを顧客と言います。
顧客を多く持つ事で生産性が高くなり、売り上げを向上させ、収入も高めることが出来ます。
更には、選ばれるような仕事をする事で、仕事に対する誇り、一緒に働く仲間にも誇りが持てます。
仕事に従事する時間は、人生の大半を占めますが、その仕事の目的を単に生きていくため、家族を養うためという義務役割だけで仕事に取り組んでは人生に豊かさも深い幸せも感じる事が出来ません。
やはり、仕事の原点である、人の役に立ち、喜ばれ、そして選ばれる努力をして仕事や仲間に誇りが持てるようにする事が大切だと私は考えます。
では、多くの顧客を持っていれば誇りは持てるし、安心か、というとそうではありません。
顧客は一年で平均15%減少すると言われます。
理由は、転居、転勤、退職、死去などです。
と言う事は、安定した売上を確保するために毎年15%以上の新規顧客を創り出す必要があります。
新規の顧客を創り出すためには、お客様はタクシーに何を求めているのかを知る必要があります。
お客様が安全以外に求めるものには三つあります。
1つ目は利便性です。タクシーに便利さ、すなわち早さを求められますので、タクシーは選ばずに目の前のタクシーに乗られます。
2つ目は合理性です。料金の安さを求められますので、会社ではなく、小型車を選ばれます。
3つ目は快適性です。早さや安い料金よりもタクシーを快適に安心して利用したいという方です。
利便性や合理性を求めるお客様は会社を選ばれませんので、顧客(ファン)にする事は困難です。
私達が狙うのは快適性を求めるお客様です。
だからこそ、人間の原点「真心からの思いやり」の存分なる発揮が重要だと考えて今年の社長方針に「原点回帰」と掲げました。
料金や時間と違い、快適性は数値化が難しくて、目に見えにくいものですが、皆さんの目配り、気配り、心配りによって真心からの思いやりをお客様に感じて頂き、快適性を高める事は可能です。
同じ挨拶や会話でも、ご乗車頂いた事への感謝の気持ちを深く持つ事で真心からの思いやりを存分に発揮して、やっぱりつばめに乗って良かったと言われたいものです。  感謝合掌 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年9月9日 第439号

人生は解釈の仕方で変わる 第439号

 人間の成長には、人との出会い、本との出会い、出来事との出会いの三つが大きく影響します。
あの出来事(人)に出会えたからこそ今がある、と肯定的に解釈する人と、あの様な事がなかったら良かったのに、と否定的に解釈する人とでは同じ出来事に出会っても人生は大きく変わります。
過去の辛い、悲しい出来事を肯定的に解釈する努力は自分を大切にする自己愛です。
人間は不完全ですから失敗も過ちも犯しますが、あの失敗があったからこそ今がある、と肯定的に解釈して過去の出来事を全て善とする事で、一度しかない人生を大切に丁寧に生きたいものです。

2017年9月11日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年9月3日 第438号

仕事はデジタル、人間関係はアナログ 第438号

 最近はラインが急速に進化して、会話や情報交換が迅速に出来る便利な世の中になりました。
しかし、便利な世の中と幸せな世の中は違います。
人によって幸せの条件は違いますが、誰にも共通する条件は人間関係が良好である事です。
ラインは人間関係を結んだり、相手を理解する事は出来ますが、文字では真意が伝わりにくく、気持ちを誤魔化す事も出来ますので人間関係を深める事には限界があります。更には、悪化した人間関係を修復するには文字だけでは不可能です。
やはり、顔を突き合わせて、対話をするアナログを大切にするべきと思いますが如何でしょうか。

2017年9月4日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年8月27日 第437号

人生はすべて『自分原因説』 第437号

 人間は不完全ですからミスやトラブルを起こしますが、大切な生き方はミスやトラブルを起こさないことよりも、二度と同じ失敗を繰り返さないことです。
その時、失敗の原因を他人に求めている限り、失敗の原因は解消しませんから再発防止は絶対に出来ません。
過去と他人は変えれない、と人生の大原則が示す通り、行動や考え方を変える事が出来るのは自分だけです。
たとえ自分の原因が1%でも、正しく改善する努力が自己成長を促進させ、失敗の再発確率を下げます。
失敗原因を他人に求める方が気楽であり、自分に目線を当てるのは勇気が必要ですが、何事も全て自分原因説にとらえて更なる自己成長を図りたいものです。

2017年8月28日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

お知らせ 2017年8月21日 【カープ応援企画】ペアチケットプレゼントキャンペーン

 たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
今回の発送をもちまして終了させていただきました。
 今後カープはもちろん、そのほかのイベントも企画をさせていただく予定です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 58