社長ブログ記事一覧

社長の週間一言 2010年5月3日 社長の週間一言 2010年5月3日 第55号

地域で最も尊敬される会社を目指す

ルールは人間が安心して生きていくために必要な規則です。

マナーは人間が快適に生きていくために必要な態度や行儀です。

モラルは人間が人間らしく心豊かに生きていくために必要な 道徳や倫理です。

ルールを守り、マナーとモラルを向上させて、心豊かで幸せな社会を作り出すことは、大人としての責任です。

他のドライバーの模範となる交通ルールの遵守、運転マナーの向上、そして人間性豊かな接客サービスを提供して、多くのお客様感動を作り出し、地域で最も尊敬される会社を目指そうではありませんか。

2010年5月3日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

 

社長の週間一言 2010年4月26日 社長の週間一言 2010年4月26日 第54号

安全運転宣言は誰のために行うのか

安全運転宣言は、お客様のため、自分のため、そして仲間のために行うものです。

私達は人間ですから、つい気が緩んだり、つい安全確認をおろそかにしたり、たまたま横着をします。

お客様を乗車するたびに安全運転宣言を行い、自分の気を引き締め直し、その『つい、たまたま』をなくし、事故を起こさないための努力が自分のためであり、お客様のためです。

そして全員がもれなく安全運転宣言をすることで、お客様の満足度が更に高まり、もっと多くのお客様から選んでご利用頂けて、自分も仲間も売り上げを増やすことが出来ます。

2010年4月26日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年4月19日 社長の週間一言 2010年4月19日 第53号

つばめの使命

使命とは、与えられた命の使い道をいいます。

つばめの使命はお客様のお役に立つと共に、広島のタクシー業界の地位向上に貢献することです。

そのためには、お客様からも同業他社からも、尊敬される会社になることが必要です。

交通ルールやマナー、そして法律をきちんと守って同業他社のお手本になると共に、お客様から選んでご利用いただけるために、安全、快適、正確、迅速な接客サービス(商品)を更に磨き高め、誇りを持って仕事をすることで、地域で最も尊敬される会社を目指そうではありませんか。

2010年4月19日 53号

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年4月12日 社長の週間一言 2010年4月12日 第52号

つばめの一番商品「快適性」

タクシーの商品は大きく分けて4つあります。

1.快適性 2.安全性 3.正確性 4.迅速性

これらはISOの品質目標にも掲げてありますが、この中で私達つばめ交通が目指すべき一番商品は快適性です。

何故なら、快適性という商品の品質が、同業他社との格差を最も大きく作り出せるからです。

それだけでなく、お客様も、私達がタクシー業界の品質向上の引き上げ役を果たすことを大きく期待しておられます。

お客様に喜ばれ、更に業界の品質向上を果たすことで、私達の仕事に対する誇りをより大きなものにしていきましょう。

2010年4月12日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年4月5日 社長の週間一言 2010年4月5日 第51号

平成22年度 行動目標 『顧客創造力の向上』

今年の初めに重点方針として、「ありがとう経営を目指して、新たなる挑戦」を掲げましたが、この方針に基づき、今年度の行動目標を「顧客創造力の向上」と掲げ、作り出すべき成果を「増収増益」とします。

商売の基本は顧客創造であり、お客様が居なくては、どんなに素晴らしい商品を持っていても商売は成り立ちません。

つばめのお客様を更に多く創り出し、増収増益を達成するために、私達の商品である「快適性、安全性、正確性、迅速性」を皆さんと共に更に磨き高めていきましょう。

2010年4月5日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年3月29日 社長の週間一言 2010年3月29日 第50号

人生成功の方程式 能力×努力×考え方

これは高野課長が教育で使われている方程式ですが、見事に当てはまっていると思います。

例えばイチロー選手は能力もありますし、努力もしていますが、彼にも大きなスランプがあります。そんな時でも自分は必ず成功すると言うプラス志向を信念として持っているからこそ、スランプを乗り越えて、今の成功を手にしています。

「念ずれば花開く」という坂村真民先生の言葉にもありますように、念じなければ道は開けません。

何事もプラス志向で考え、強く念じて道を開き、人生の成功へ向けて、日々、努力を積み重ねていきたいものです。

2010年3月29日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年3月22日 社長の週間一言 2010年3月22日 第49号

事故を起こした大半の人は靴が汚れている

これは数多くの交通事故の現場検証に立ち会った警察官の言葉です。

一見、汚れた靴と交通事故との因果関係はなさそうに思いますが、統計学のデータは真実である考えるべきです。

更に、我が社の事故処理の専門家である高下課長は

『タイヤにワックスまで掛けて、いつも綺麗にしている人はほとんど事故をしていません』と言われます。

靴やタイヤなど足元を丁寧に扱っている人は、運転も丁寧で慎重なのだと思いますが、神様も応援してくれと考えて、靴やタイヤを毎日一回は綺麗にしてみませんか。

2010年3月22日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年3月15日 社長の週間一言 2010年3月15日 第48号

出迎え三歩、見送り七歩

これは日本古来のもてなしの心として、出迎えの倍以上にお見送りを丁寧に行うことの大切さを表しています。

例えば、どの旅館でも、出迎えは愛想良くしますが、一流の女将は玄関の外へ出て、お客様の姿が見えなくなるまでお見送りをします。

見送るとは、最後まで見届けるということだそうです。

お客様も、出迎えよりも更に丁寧なお見送りを最後に受けることで、心地良い余韻が心に残り、またこの旅館へ来たいと思われます。

私達も、車外に出て、お見送りの挨拶を丁寧に行うことで、更に多くのつばめの信者を増やしていきたいものです。

2010年3月15日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年3月8日 社長の週間一言 2010年3月8日 第47号

楽しくなければ続かない

仕事も趣味も何事も、楽しくなければ続けられません。

特に仕事を義務感だけでやっていくと必ず壁にぶつかります。

昔の人は、「働く」ことを、ハタをラク(楽)にすると言って、人が喜ぶことが仕事の原点であると考えていました。

仕事を楽しくするコツは人の喜ぶことを我が喜びとする気持ちをしっかりと養うことです。

私達の仕事はお客様から直接に「ありがとう」と言って喜んで頂けるとても有り難い仕事です。

沢山のありがとうを集めることで仕事を楽しく続けたいものです。

2010年3月8日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長短信 2010年3月6日 社長短信 2010年3月 第151号

社長短信 2010年3月 151号

「運をつかむ」

良い運をつかんで人生をより豊に幸せにしたいと願うのは誰でも同じです。

この「運をつかむ」という特集を月刊誌「致知」2月号で取り上げていました。

私は、管理者の資格条件には知識や経験も必要ですが、それ以上に人間力が必要であると考えています。その人間力を高める方法は、やはり本を読むことが一番であると考えて、人間学を学ぶ月刊誌「致知」を管理職の皆さんへ毎月配布しています。

人間力を高める本は巷には沢山に出回っていますが、その中でもこの「致知」は多くの経営者や有識者が愛読をされ、人間学の分野では日本で最も多く読まれている月刊誌です。管理職のご家族の方もこの致知を読まれていると思いますが、内容の素晴らしさにはきっと同感していただけると思います。

さて、その致知の特集記事の中で、致知出版の藤尾社長さんは

「運をつかむには、運に恵まれるにふさわしい体質を作らなければならない。言い換えれば運を呼び寄せ、やってきた運をつかみ取るだけの実力を養わなければならない」と言われています。

運に恵まれるに相応しい体質を作る方法については、日本将棋連盟会長の米長邦雄氏は次のように言われています。

まず、運は一所懸命に努力している人のところにしか訪れません。運は実力そのものです。もう一つは、運は人が持ってきてくれる。だから良い人間関係を作る努力も大事だと言われています。

同様なことを、岩手県で初の甲子園準優勝を果たした花巻東高校野球部の佐々木監督は、「今を笑顔で精一杯に生きて、愚痴をこぼさず、全てに感謝をして、仕事に一所懸命に取り組んでゆくと自然と運に恵まれる人間力を養う事が出来る」と言われています。

更に運気はプラスのイメージを常に抱くことで好転出来ると断言もされています。

実際に運をつかむことを体現されているミスターつばめ、藤本武康さんが3月1日の76歳の誕生日をもって退職されました。

まさに藤本さんは右記の通り、48歳で入社されて28年間、常に笑顔で愚痴をこぼさず人の悪口も言わず、仕事に一所懸命に取り組まれることで、健康にも恵まれ、仲間にも恵まれて、大過なく今日まで幸せな人生を送ってこられました。

まだまだお元気ですが、次の人生ビジョンのためにハンドルを置く決意をされた藤本さんへ28年間のご努力へ深く感謝しますと共に益々のご健勝を心から祈念申し上げます。

2010年3月6日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

 

1 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60