社長の週間一言 2011年6月13日 第113号

苦境時の心構え

人も企業も一直線で伸びるということはまずありません。

必ず停滞するときがあります。

時には落ち込むこともあります。

そんな時、どういう心構えでその苦境の次期を過ごすかで大切なポイントです。

基本は「工夫次第」、「自分次第」という考え方でです。

心構え次第で、人生は良くなったり悪くなったりします。

他人のせいにしていては、決して解決も成長もありません。

常に自分に軸足を置いた正しい心構えで苦境の時を乗り越えていきたいものです。

2011年6月13日
つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔