第397号

一念の決意によって人生は創り出せる 第397号

 

リオのパラリンピックにて日本は合計24個のメダルを獲得しましたが、体に障害を持つ人々のメダル獲得の背景には多くのドラマがあったと思います。

特に私は走り幅跳びで銀メダルを獲得された山本篤さんの前向きな可能思考に深い感銘を覚えました。

山本さんは思春期旺盛な高校二年生の時にスクーターの転倒事故で左足を切断されました。しかし、片足になった事を嘆くよりも、残った右足を活用して人生を生き抜く決意をされ、見事に成果を創り出されました。

我が社の人事教育理念「人の可能性を信じてサジを投げない」と掲げていますが、山本さんの一念の決意は私達が見習うべき見事な生き方だと思います。

 

2016年11月21日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔