第646号

何事も本来の目的を見失わない 第646号

 

オリンピックはスポーツを通して人間育成と世界平和を究極の目的として開催されています。

現実としてオリンピックの開催を重ねる事で人種差別の問題や紛争問題も随分と改善され、人類は人間育成と世界平和に向けて着実に一歩ずつ前進しています。

今大会は開催の仕方や時期などの議論に振り回され、挙げ句の果てには開催否定の意見まで出ていますが、本来の目的を見失う事なく、開催と成功への努力をする事が主催国である私達日本国民の責任だと考えます。

仕事も同様であり、仕事本来の目的「人と社会の役に立つ」を見失うことなく、今やるべき「安心の提供」に向けて全力で取り組みたいものです。

 

2021年7月26日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔

前の記事

第645号

次の記事

第647号