第625号

幸運の女神の微笑みをいただくために 第625号

 

 広島県の自粛要請解除により、街中の人出が多くなりました。有り難い事に、電話受注も増えてきて時間帯によってはお受け出来ない場合もあるほどです。

環境や状況が変わるたびに人間の良心(本性)が試されていると考え、常に吾が身を省(かえり)みる事が大切です。

自粛中、街中はガラガラでタクシー利用者が少ない時でも、わざわざ電話をかけてご利用下さった方へ有り難いという感謝の気持ちを決して忘れてはなりません。

電話受注があるのが当たり前と思った瞬間に私達の心はごう慢になり、幸運の女神に見放されると思います。

私達の良心が正しく働くように自らを律して、常に幸運の女神が微笑んで下さる人生を送りたいものです。

 

2021年3月Ⅰ日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔

前の記事

第624号

次の記事

第626号