第621号

人間の強みを活用して理想の経営を目指す 第621号

 

 我が社において理想の経営を「つばめ交通に関わる全ての人の幸せを実現すること」と定義し、それを自社の最も重要な存在価値としています。

人の幸せには物心両面の充実が必要ですが、心の幸せは自分の存在価値を強く実感することで得られます。

すなわち、自分の強みを存分に発揮して仕事に取り組み、自らの存在がお客様からも仲間からも会社からも必要とされる時に心の幸せを深く得る事が出来ます。

皆さんが掲げる日本一目標は皆さん自身の強みです。その日本一目標の実践を誠実に取り組まれ、更に多くの心からのありがとうを集め、皆さんが深い満足感を得る事で理想の会社に一歩ずつ近づきたいと思います。

 

2021年2月Ⅰ日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔

前の記事

第620号

次の記事

第282号