第612号

つばめ交通の上司(先輩)の責任 第612号

 

先週、つばめ交通の仲間の責任を再定義しましたが、同様に上司(先輩)の責任も言葉を換えて

「部下(後輩)の強みを最大限に引き出し、成果を創り出す支援をすること」と再定義します。

人の能力は千差万別であり、強い能力と弱い能力のどれを持っているかは人それぞれに違います。

仕事において、弱みよりも強みの能力を活用する方が成果を創り出すために大変に効果的です。その上で、仲間の弱みを補完することで効果性が更に高まります。

人の強みを見つけて活用すると共に、相手の弱みを把握して補完する努力が愛です。仲間に関わる努力にて人間愛を更に高め、お互いの絆を深めたいものです。

 

2020年12月7日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔

前の記事

第611号

次の記事

第280号