2018年8月5日 第487号

人間関係は目で決まる 第487号

 

ことわざに「目は口ほどにものを言う」とありますが実に言い得て妙いると思います。

目は喜怒哀楽の感情を最も顕著に表しますので何もしゃべらなくても目つきから相手の感情は分かるものです。ですから、どんなに良いことを言っても、目つきが言葉に合っていないと相手は真意を感じません。逆に言葉に出さなくても目の表情で相手に伝えることが出来ます。

私達接客業は目の表情が最も求められる仕事です。

人間の原点「真心からの思いやり」を日頃から存分に発揮することで心を調え、慈愛に満ちた目の表情を養い更に人間力を高めたいものです。

 

2018年8月6日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第486号
次の記事:
第488号