2018年7月15日 第484号

飲水思源 第484号

これは井戸の水を飲む時には井戸を掘った人の苦労を思い感謝をしながら飲むという意味です。
私達は先輩が作って下さった「選ばれる」という有り難い評価を当たり前のように考えて感謝の気持ちをどこかに置き忘れていないでしょうか。
創業の時、一所懸命に仕事をして、お客様が並ぶくらいに流行りだしたら接客や料理が粗雑になり、いつの間にか閉店した飲食店はたくさんあります。
見ていないようでお客様はちゃんと見ています。
今、我が社は配車が回りきらないくらいに多くの電話受注を頂いていますが常に感謝の気持ちを忘れず、更に親切丁寧な接客を心がけたいものです。

2018年7月16日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第483号
次の記事:
第485号