第551号

経営理念「人と社会の役に立つ」とは 第551号

 

一人一人が自分勝手に生きていけば社会は成立せず、つまり人間は一人では生きていけません。

人間は「生きる義務として役に立つ」のではなく、「誰かの役に立つ事を最高の喜び」として本能に植え付けられているようです。誰が植え付けたのかは分かりませんが、事実として地球上の全ての生き物の中で「誰かの役に立ちたい」という本能を持つ人間だけが文明を進化発展させています。

人間の持つ偉大な本能に素直に従い、人の役に立ち、一人でも多くの人から「心からのありがとう」を頂くことで、人としての最高の喜びを皆さんと一緒に得たいと考えてこの経営理念を掲げました。

 

2019年10月28日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔