第544号

心にプラスの「気」を溜める 第544号

 

 病気を「病いは気から」、気力を「気の力」と読みますが人間は「気」に大きく影響を受けます。

人生を幸せに生きている人の在り方を見ますと、プラスの「気」を心の中に多く持ち、そしてプラスの「気」を周りにしっかりと発揮されています。

プラスの「気」を心の中に溜める最も有効な方法は「心からのありがとう」を頂くことです。

仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされること」の更なる深掘りと実践を通して、一人でも多くの人から「心からのありがとう」を頂き、プラスの「気」をたっぷりと溜めて人生を更に幸せなものへと導きたいものです。

 

2019年9月7日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔