第288号

小さな差の積み重ねで大きな差をつくる 第288号

 

企業の存続成長のためには他社との差別化が必要です。

製造業であれば、技術的な特許や独創的な商品、ブランド力で他社と圧倒的な大差をつけることは可能です。

しかし、私達接客業において、更には料金が同一であるタクシー&バス業においては、他社と圧倒的な差別化が出来る特許技術もヒット商品もありません。

しかし、笑顔の差、明るい挨拶の差、丁寧なお見送りの差、予約時間を守る努力の差、忘れ物は必ず返却する差などちょっとした小さな差をたくさん積み重ねる事で他社には真似が出来ない大きな差を作り出す事が出来ます。

大きな一つの差よりも、私達一人一人が作り出す小さな差を積み重ねて圧倒的な大差にしようではありませんか。

 

2014年10月13日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔