社長の週間一言 2012年8月27日 第176号

美しい日本人の心「残心」 第176号

残心とは日本の武道および芸道において用いられた言葉です。

茶道においてはお茶席が終わり、一期一会の気持ちにて丁寧にお見送りをしてから「今日の茶事は満足して下さっただろうか」と相手を思いやる余情残心を大切にする行動の美学です。

小説「坂の上の雲」の登場人物のように昔の日本人は行動の美学を追求する事で自分の生き方に誇りを持って生きていました。

私達が行っているお見送り挨拶もお客様は振り返られなくても背中で余韻を感じる美意識の高い方は多くいます。

丁寧なお見送りを通して私達の仕事への誇り、そして仲間への誇りを更に高めたいものです。

2012年8月27日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔