社長の週間一言 2011年8月8日 第120号

良い習慣は能力を超え、性格を変えられる

交通事故の原因のほとんどがヒューマンエラーであり、その人の性格である態度、行動が大きく影響します。

では、どうやって事故を防げばよいでしょうか。

例えば、前へ前へと気持ちが焦り、つい安全確認を怠る性急な性格の人は一旦停止を必ず励行する事を習慣化する事です。

これを一年、二年と確実に実行すれば必ず習慣になり身につきます。

一旦停止を習慣にすれば交差点では無意識に一旦停止をします。

停車したらギアーレバーはパーキングにする。

バック時はシートベルトを外し、窓を開けて直接に後方確認する。

これらを習慣化して無事故である事がプロの責任であり誇りです。

2011年8月8日
つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔