第409号

自分原因説にて事故を防ぐ 第409号

 目の前に起きる出来事は全て自分に原因がある、と口で言うのは簡単ですが、プライドが高い私達には、なかなかそのように考える事は難しいようです。
しかし、同じ失敗を繰り返さないために、失敗の原因を相手に求めている限り、問題解決は出来ません。
例えば、相手に過失が90%ある事故にあった時に、自分の10%の過失に目線を当てて改善しないとまた同じような事故にあう危険性は無くなりません。
私達プロの乗務員には、事故を起こさないだけでなく、事故に巻き込まれない事が求められます。
人間関係も同様であり、自分原因説を常に持つ事で、事故や人間関係のトラブルを防ぎたいものです。

2017年2月13日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔