第339号

読む、書く、話す、聴くで人間力を高める 第339号

 仕事をする上で必要な力として、知識や技術力などの仕事力と、お客様の期待を超えて感動を提供出来る思いやりや優しさなどの人間力の両方が必要です。
人間力向上には、読む、書く、話す、聴くが大変に有効であると考えて理念と経営の勉強会を企画しました。
本を読んで幅広い知識を吸収する事でお客様とのコミュニケーションが味わい深い良好なものとなります。
更には、自分なりの意見を書いて理解を深めた上で、社内勉強会にて自分の意見を話したり、人の意見を聴く事で人間の器量が広がり人間力が更に向上します。
仕事力と人間力をバランス良く向上させて、周りから尊敬と信頼を得る人間に一歩でも近づきたいものです。

2015年10月12日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔