社長短信 2010年6月 第153号

社長短信 2010年6月 第153号

先日、入社半年以上、一年前後の方々を対象としたワイガヤ会議を開催しました。

この会議は入社された方が更に働きやすい職場環境作りを目的として、10年以上も前から開催をしていますが、タクシー業界の慣習に染まっている私には新鮮な、あるいはとても参考になる、いろいろなお話しを聞かせていただけるので大変に楽しみにしています。

その内容の中からいくつかご紹介したいと思います。

まず、つばめには、入社一年未満で半数以上の方が事故を起こすというジンクスがありますが、それを打破するための努力をされている人の話にはとても感動しました。

その人は、入社したての頃に、私から「あなたは焦る性格が強いからきっと事故をしますよ」と言われたことをずっと心に留めて「絶対に飛ばさない、焦らない」と決めて行動され、入社以来一年余り無事故を継続されています。

見事?に私の予想を外してくださいましたが、私の言葉を素直に謙虚に受け止めて、心の持ちようと努力で事故は必ず防ぐ事が出来ることを自らが証明され、また仲間にもやれば出来るという勇気を与えて下さり、心から感謝申し上げます。

入社一年未満でも早くから平均以上の売上を上げられる方が多くいますが、その中でも特に頑張っている女性乗務員さんのお話しも印象的でした。

その方はタクシーという仕事はいろいろな人との出会いがあって、楽しくて仕方がないそうです。

時には相性の悪いお客様と出会うときもありますが、しかし頭を切り換え、次はどんな人と出会えるだろうか、と考えるだけで楽しくなり、自然と笑顔が出て、前向きに仕事をするから売上もどんどん上がり、更に楽しくなるそうです。

何事も楽しく思えるか否かは、その人の能力の一つです。

その能力は決して特別なものではなく、誰もが努力することで手に入れることが出来ます。

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えることが出来る」という言葉がありますが、自分の人生を幸せに出来る一番の方法は自分の心の持ちよう次第ですね。

他にも、まだまだ多くの気づきを与えて頂きましたが、それらを全部紹介できなくて残念です。

その中でも、つばめというブランドを作り上げてきて下さった先輩方へ感謝をされる謙虚な方、仕事に対して真剣に誠実に取り組むつばめの仲間に誇りを持つ方が多くおられ、私自身の使命である、つばめブランドの更なる向上を通して、地域で最も尊敬される会社を目指す、を再確認出来ました。

大変に有意義な会議を創り出していただいた方々に心から深く感謝いたします。

次回は8月のお盆過ぎの予定ですが、楽しみにしています。