「Etak(イータック)消毒液」導入のお知らせ

つばめ交通では、このたび「Etak(イータック)消毒液」を導入し、全車両に消毒施工を実施致しました。

Etakの最大の特徴は、効果の持続性です。

上記の比較の通り、Etakの除菌スプレーは一度吹きかけると効果が1週間持続します。
また、アルコールによる拭き上げ作業を行っても、効果が持続することが実証されておりますので、弊社では従来の乗務員による乗車毎のアルコール車内消毒の実施とともに、週に一度、車両整備部によるEtak消毒液での全車両の消毒施工を実施していきます。

Etakは、その持続性や安全性、幅広い抗菌・抗ウイルスの効果から、JR西日本、広電バス、トヨタ自動車、日産自動車など数々の企業への導入実績があります。

つばめ交通では、従来の感染予防対策を更に徹底的に行うと共に、新たに長期間の抗菌効果があるEtak消毒液を活用し、安全レベルを更に高めてまいります。

※Etakについて詳しく知りたい方は、下記のホームページをご覧ください。
二川教授(Etakの開発者である広島大学大学院 歯薬保険学研究院教授)のケンコウラボ