社長短信 2015年8月 第215号

社長短信 2015年8月 第215号

 

残暑お見舞い申し上げます。

 

大変に暑い日々が続きますがこの暑さに負ける事なく元気でご活躍頂いている皆さんに深く感謝致します。

しかし、寝苦しい夜が続くと睡眠不足になり、疲れが溜まってきて集中力も下がりますし、ついイライラとなりがちになります。

私達の仕事はお客様の大切な命をお預かりしていますので、心と身体の両方を調える事は大変に重要ですし、更には、私達はどんな天災が来てもバスや電車よりも最後に残る公共輸送機関であり、世の中に必要とされる仕事です。その自覚と誇りを持って体調管理を万全にして下さいますようよろしくお願い致します。

さて、前述しましたように、私達は最後に残る公共輸送機関であり、世の中から必要とされる仕事ですが、その責任を果たすためには安全運行力を含めた仕事力と人間関係を良好にしてお客様満足を作り出す人間力の両方をバランス良く高める事が必要となります。

仕事力は普段の仕事を通して高める事が出来ますが、時には自分の仕事の仕方がお客様満足を正しく作り出せているかを検証する実地検証訓練を行う必要があり、その一番有効な方法が仲間と行うロールプレイです。

自分の運転の仕方や接客の仕方を仲間から検証してもらうだけでなく、他人からも見て学ぶ事も大切です。

毎年恒例の秋の安全接客研修を通じて更に仕事力を高めて、世の中から必要とされ信頼されて、誇りが持てる理想の会社へ更に一歩近づきたいと考えています。

皆さんのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

次に、良い人間関係を築き、お客様満足を高めるために必要な人間力の向上は仕事のためだけでなく皆さんの人生を更に心豊かにするために是非とも必要です。

そのための方法として新たに月刊「理念と経営」という本を使った勉強会を開催する事に決めました。

「理念と経営」という本を皆さんに読んで頂き、事前に指定した記事の感想文を書いて、それを仲間の前で発表して意見交換をするという勉強会です。

「読む、書く、話す」という訓練は、人間力を高めるために大変に有効ですし、幅広い知識を吸収する事でお客様とのコミュニケーションも更に良好になります。

更には、仲間と一緒に一冊の本を元に意見交換をする事で仲間とのコミュニケーションが深まり、社内の風通しが更に良くなり、私が理想とする「強くてしなやかな組織」に更に一歩近づけると期待しています。

勉強会の詳しい方法は実行委員長である高田常務の方から改めてお伝えしますので、皆さんのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

感謝合掌 山内 恭輔