第535号

父(男性)の本分、母(女性)の本分 第535号

 

最近、多発する子どもへの虐待問題も父親としての本分(存在価値)と母親としての本分(存在価値)が希薄になっているからだと感じます。

母親の本分は深い母性愛を存分に発揮して子ども達の「愛の座(絶対信頼)」となる生き方です。

父親の本分は深い愛情に基づく父性愛を存分に発揮し子どもから尊敬される対象となる生き方です。

家族を守り規律を守ることによって得る尊敬です。

子供が居なくても、周りから信頼され尊敬を受けるような生き方が男性の本分です。

仕事に対して真摯に一所懸命に取り組む事で仲間から尊敬を得る生き方を目指したいものです。

 

2019年7月8日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔