社長短信 2009年8月20日 一流よりも立派な生き方を目指す

一流よりも立派な生き方を目指す

人生は誰と闘うかで違ってきます。
他人と闘っている間は決して勝者にはなれませんし、幸せにもなれません。
何故なら他人は変えようがないからです。
一流の生き方というのは、「自分原因説」に立って、自分の欲望、感情、言い訳と闘う人の生き方です。
しかし、突然に一流の生き方を目指すのは難しいかも知れません。
ならば、勝とうと思わなくても負けないように努力する、一流でなくても立派な生き方を目指したいものです。

平成21年8月20日 山内恭輔