つばめ交通にて「同行援護従業者養成研修」が行われました

11月25日(日)につばめ交通にて、公益財団法人 介護労働安定センターの「同行援護従業者養成研修」が実施されました。

「同行援護従業者養成研修」は、視覚障がい者の外出支援従業者養成を目的とした研修で、視覚障がい者役とガイドヘルパー役の受講生がペアになり、実際にタクシー車両を用いてタクシーでの移動介助の実践的訓練が行われました。

つばめ交通は、経営理念に掲げている「人に優しく、人と社会のお役に立つ」ことを念頭に置き、今後も皆様のお役に立てる事に取り組みお客様満足・感動を目指してまいります。