第290号

公共輸送機関の使命を全うする 第290号

 

今から23年前の1991年の9月27日の夜、広島地方での最大瞬間風速が58mという今まで体験した事が無い、想像をはるかに超える超大型の台風が上陸しました。

激しい雨風で夕方には電車やバスなどは運行が止まり、最後の公共輸送機関として残ったタクシーもその多くは台風の被害を怖れて早々と運行停止をして避難しました。

その時、鳴り止まぬ電話を目の前にして私達つばめ交通は全車両が朝方まで帰宅困難になった人達の輸送にあたり、多くのお客様から心からのありがとうを沢山頂きました。

これは当時の社員の皆さんが公共輸送機関としての使命を強く自覚していたからこそ運行を全うする事が出来ました。

平素よりお役立ち精神を持って使命を全うしたいものです。

 

2014年10月27日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔