- つばめ交通株式会社は、中四国ではじめて トヨタ自動車とデンソーが開発した飛沫循環抑制車両を導入しました -

トヨタ自動車、デンソー協力のもと、トヨタ自動車「ジャパンタクシー」車両をベースに、新型コロナ感染患者(主に軽症者)の移送専用車として運行もしています。

※JPNタクシー資料より

【特徴】
 後部座席以降の車両後方スペースの間に隔壁を設置し、前方を陽圧、後方を陰圧とすることによって、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールするもので、トヨタ自動車が社会的な最優先課題となっている感染拡大の抑制や医療現場の支援に向けて開発されたものです。

【使用例】
 感染症患者の自宅から病院へ、個人病院から指定病院へ、など用途に合わせて貸切使用が可能。
飛沫防止効果が高いので、新型コロナウイルス以外の患者にも広く使用されています。

■用途に合わせて貸切でのご対応が可能です。
 詳しくはお問い合わせください。