社長短信 2018年5月12日 第249号

社長短信 2018年5月 第249号

 

社員総会に向けて

 

毎年恒例の全社員総会を今月29日、30日にガーデンパレス様をお借りして開催します。

総会の開催目的は「強くてしなやかな組織を作り、永続することで、つばめ交通に関わる全ての人の幸せを実現すること」です。

強くてしなやかな組織とは、目標達成能力が強く、時代の環境変化にしなやかに対応出来る組織です。

そのためには組織内の風通しを良くして、つばめ交通が向かう方向と作り出すべき成果を皆さんが理解して納得していることが必要です。

更には作り出すべき成果に向かって皆さんの心が一致団結していることが必要です。

向かうべき方向として今年度の社長方針を

「意識改革で原点回帰」と掲げました。

そして作り出す成果目標は更に多くの「心からのありがとう」を頂ける会社となることです。

意識改革とは、今までのやり方にとらわれることなく、時代の環境変化に合わせ、効率性が更に高いやり方を新しく考えて実践することです。

そして、原点回帰とは仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされること」の更なる深掘りと、人間の原点「真心からの思いやり」を存分に発揮することです。

そうすることで更に多くの「心からのありがとう」を頂き仕事への誇りを高めると共に、生産性を向上させて物心両面の満足を作り出します。

意識改革の一例を挙げると、私達は認可事業ですが一律のハイヤーやバス料金を今年度からトラベル課を経由して車種のグレードアップ料金や、英語対応などの付加価値分を料金に上乗せします。

そうすることでハイヤーやバスへ乗務をされている人への待遇を改善向上していきます。

また、今まで受け身の受注でしたバス課やハイヤー課の営業を積極的に展開すると共に、全社的に顧客密着度を更に深めて、待ってでも選んでご利用頂けることで仕事の効率と誇りを更に高めて、皆さんの物心両面の幸せを実現していきます。

そのためにも社員総会を通してお互いが顔を合わせて和気あいあいの良好な人間関係を作り出し、仕事には真剣に取り組むプロ意識を高める事で、更に強くてしなやかな組織を作りたいと思います。

仕事明けでお疲れの方が多いと思いますが皆さんのご参加を心からお待ちしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝合掌 山内 恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第473号
次の記事:
第474号