社長の週間一言 2018年3月4日 第464号

良い事は直ぐに足し算にて実践 第464号

 

つばめ交通のタクシーは全国のタクシー会社から素直に学び、良いと思った事は直ぐに真似ています。

乗務員さんの紹介を兼ねたコミュニケーションカードは顔写真を助手席の後ろに掲示しているタクシーからヒントを得てオリジナル作成しましたし、貸し出し傘は東京のハイヤーからヒントを得ました。

良い事かどうかを瞬時に判断する力は学んだ事を実践して知識を見識にまで磨き高める事が必要です。

そして、良い事であれば出来るか出来ないかを考えるよりも、出来る方法を考えて先ずはやってみるという「足し算発想」が大事です。そうやって常に進化成長するつばめ交通で在りたいと思います。

 

2018年3月5日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第463号
次の記事:
第247号