社長の週間一言 2017年11月5日 第447号

ストロークの達人を目指す 第447号

 

人はストローク(心の栄養剤)を受けて心が満たされる事により、自信を得て自らの能力を最大限に引き出し、更に成長出来るのでストロークの達人は人を幸せに導ける人生の達人とも言えます。

ストロークの実践として握手の励行を提言しましたが、人を幸せに導く事が出来る真のストロークの達人とは相手が心から求めているストローク、すなわち承認や賞賛を与える事が出来る人です。

そのためには、相手の心に寄り添い、相手と共感出来るような人間力(愛の力NP)が必要です。

人間力の原点「真心からの思いやり」を存分に発揮する事でストローク達人を目指したいものです。

 

2017年11月6日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足 山内 恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第446号
次の記事:
第448号