社長の週間一言 2017年10月20日 第445号

ストローク(心の栄養)が溢れる会社を目指す 第445号

 

先日の研修にてストロークが溢れる会社は社員さんが心の栄養で満たされ、社内に笑顔が溢れ、働き甲斐のある理想の職場になると学びました。

けれども、ストロークが良い事、大切な事だと頭で分かっていてもなかなか出来ないのが人間です。

なぜなら、ストロークは相手にしっかりと関わる努力が必要だからです。

表面的なストロークでは相手の心に届きません。

努力とは人に関わろうとする愛の力です。

真心からの思いやりを持ち仲間としっかりと関わる事で、支え愛、認め愛、許し愛、信じ愛のストロークが溢れる理想の会社をつくりたいものです。

 

2017年10月23日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第444号
次の記事:
第446号