社長の週間一言 2017年10月7日 第443号

人間と動物の違い「思いやりと自律心」第443号

 

人間と動物は見た目が違いますから直ぐに見分けはつきますが、最近は残酷な犯罪事件が多発して、中身は動物と同じような人が多くいます。

これは人間が本来持っている「思いやりと自律心」をどこかに置き忘れ、動物に近づいているからです。

良好な人間関係を作るために相手を思いやる心が必要であることは誰もが知っていますが、実際に行動に移すのが難しいのは、人は我欲に支配されるからです。

欲望は人間を成長させるために必要ですが、欲望を正しく律する自律心を持つことが人間の条件です。

仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事」の努力にて思いやりと自律心を更に高めたいものです。

 

2017年10月9日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第442号
次の記事:
第442号