社長短信 2017年6月11日 第237号

社長短信 2017年6月 第237号

「一人でも多くの人に広島を好きになって頂く」

 先般5月15日の週間一言にて上記のテーマ「一人でも多くの人に広島を好きになっていただく」について書かせて頂きました。
これをつばめ交通の営業ビジョンとして掲げて、社員の皆さんの賛同と協力を得て、達成へ向けての日々の実践をお願いしたいと思います。
誰もが郷土愛を持っていますが、私も広島が大好きであり、更には広島市民の作り出す風土に誇りを持っています。
何故なら、広島市民には人間に最も重要な「許し愛」、「励まし愛」、「信じ愛」、「支え愛」の4つの愛情が深く宿っているからです。
1945年8月6日に広島へ人類初の原爆が投下され、一瞬にして広島市民の4分の1に相当する十数万人の命が奪われました。
先般の東日本大震災も悲惨な出来事でしたが、広さは五~六百キロにわたり、二万人近くの方が亡くなられました。
広島はわずか半径五キロの範囲で十数万人の方が一瞬にして亡くなられたのですからその悲惨な状況は想像を絶するものがあったと思います。
私の両親も実母や兄弟、友人を一瞬にして失いました。
多くの広島市民も最愛の肉親を一瞬にして失いました。
しかし、広島市民は誰もが恨みを言わず、ただ黙々と前を向いて一所懸命に復興に汗を流され、七つの川が流れ緑豊かな美しい街へと復活を果たしました。
正に広島市民は4つの愛の実践者だと思います。
私は美しい広島が大好きであると共に、4つの愛が深く宿る広島に誇りを持っています。
昨今、世界各地では内戦やテロ、あるいは暴力事件が起きて多くの命が奪われていますが、政治や宗教などの対立を乗り越えて、許し愛の精神が少しでも浸透するとそのような悲惨な事件は減るかも知れません。
私は、4つの愛が宿る広島は平和の原点であると考え、広島の地に深く宿る許し愛、励まし愛、支え愛、信じ愛の大切さを知って頂き、その広島を一人でも多くの海外の方、県外の方に好きになって頂く事は私達広島市民の使命だと考えます。
特に広島の印象を大きく左右するトラベルやタクシー、ハイヤー、バスの仕事に従事する者の責任は大きいと思います。
広島という地で旅客輸送接客サービス業をさせて頂く企業として、一人でも多くの人に広島を好きになって頂くことを率先して行うことが私達つばめ交通の使命だと考えますが皆さん如何でしょうか。
感謝合掌 山内 恭輔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
前の記事:
第424号
次の記事:
第425号