社長ブログ記事一覧

社長の週間一言 2017年6月24日 第428号

過去は変える事が出来る  第428号

 他人と過去は変えることが出来ない、と言いますが、過去の出来事は変えられなくても、過去の出来事の意味合いは変えることが出来ます。
人間は不完全な存在ですから間違いも失敗もします。
失敗という事実は無くなりませんが、失敗によって自信をなくしてマイナス体験とするのか、あるいは二度と同じ失敗をしない努力をすることでプラス体験とするのかはその人次第です。
あの失敗があったからこそ今の自分が在る、と考え、過去を悔いるのではなく、間違いを省き、失敗を成長の糧に出来る前向きの生き方を目指したいものです。

2017年6月26日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年6月16日 第427号

自分に恥じない生き方を目指す 第427号

この言葉は私が師と仰ぎ尊敬する方に頂いた言葉です。
「恥じる」とは、自分が理想とする生き方と実際の生き方との差を感じた時に無意識に湧き上がる心情です。
理想が低い人、あるいは理想が無い人は恥じるという心情には至りませんし、理解も出来ないと思います。
理想の生き方は人それぞれにあると思いますが、人間として万人に共通する理想は人の役に立つ生き方です。
当たり前の事ですが、お互いが人の役に立つ生き方を目指すから人間社会が成り立ちます。
この世に人間として生まれた限りには、仕事を通して一人でも多くの人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事で、自分に恥じない生き方を目指したいと思います。

2017年6月19日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年6月11日 第426号

近距離こそお客様創造のチャンス 第426号

 コンビニでお水一本を買ってもお客様は「少なくてゴメンナサイ」とは言われませんし、店員さんは笑顔で気持ち良く対応してくれます。
しかし、不思議な事にタクシーの場合は近距離のお客様の多くは「近くてゴメンナサイ」と言われます。
タクシーを利用されるお客様に「ゴメンナサイ」と言わせてしまう業界体質に私は大きな違和感を覚えます。
逆に、どんなに近くてもご利用頂いた事に感謝を伝える事が社会人として当たり前の心得だと思います。
近くて申し訳ない、というお客様の気持ちを私達の感謝の心で少しでも和らげることで、やっぱり乗るならつばめと言って頂ける会社を目指したいと思います。

2017年6月12日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言  第425号

学びたいプロとしての覚悟と心意気 第425号

 先般の社員総会は皆さんのご協力のお陰で盛大にて実り多く修了する事が出来ました。
大変に有り難く、心から深く感謝申し上げます。
今年の社員総会は我が社のイメージソングを作って下さったドレッシングさんの参加にて今までとは違う楽しい雰囲気になったと思いますがいかがでしょうか。
私はそれだけではなく、ドレッシングさんが登場された時のセリフ「皆さん、恥ずかしがらなくて大丈夫よ、だってここで一番恥ずかしいのは私なんだから」からプロとして徹し切る覚悟と心意気を学びました。
私達も接客サービス業のプロとしての心意気を持ってお客様感動作りに徹しようではありませんか。

2017年6月5日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長短信  第237号

社長短信 2017年6月 第237号

「一人でも多くの人に広島を好きになって頂く」

 先般5月15日の週間一言にて上記のテーマ「一人でも多くの人に広島を好きになっていただく」について書かせて頂きました。
これをつばめ交通の営業ビジョンとして掲げて、社員の皆さんの賛同と協力を得て、達成へ向けての日々の実践をお願いしたいと思います。
誰もが郷土愛を持っていますが、私も広島が大好きであり、更には広島市民の作り出す風土に誇りを持っています。
何故なら、広島市民には人間に最も重要な「許し愛」、「励まし愛」、「信じ愛」、「支え愛」の4つの愛情が深く宿っているからです。
1945年8月6日に広島へ人類初の原爆が投下され、一瞬にして広島市民の4分の1に相当する十数万人の命が奪われました。
先般の東日本大震災も悲惨な出来事でしたが、広さは五~六百キロにわたり、二万人近くの方が亡くなられました。
広島はわずか半径五キロの範囲で十数万人の方が一瞬にして亡くなられたのですからその悲惨な状況は想像を絶するものがあったと思います。
私の両親も実母や兄弟、友人を一瞬にして失いました。
多くの広島市民も最愛の肉親を一瞬にして失いました。
しかし、広島市民は誰もが恨みを言わず、ただ黙々と前を向いて一所懸命に復興に汗を流され、七つの川が流れ緑豊かな美しい街へと復活を果たしました。
正に広島市民は4つの愛の実践者だと思います。
私は美しい広島が大好きであると共に、4つの愛が深く宿る広島に誇りを持っています。
昨今、世界各地では内戦やテロ、あるいは暴力事件が起きて多くの命が奪われていますが、政治や宗教などの対立を乗り越えて、許し愛の精神が少しでも浸透するとそのような悲惨な事件は減るかも知れません。
私は、4つの愛が宿る広島は平和の原点であると考え、広島の地に深く宿る許し愛、励まし愛、支え愛、信じ愛の大切さを知って頂き、その広島を一人でも多くの海外の方、県外の方に好きになって頂く事は私達広島市民の使命だと考えます。
特に広島の印象を大きく左右するトラベルやタクシー、ハイヤー、バスの仕事に従事する者の責任は大きいと思います。
広島という地で旅客輸送接客サービス業をさせて頂く企業として、一人でも多くの人に広島を好きになって頂くことを率先して行うことが私達つばめ交通の使命だと考えますが皆さん如何でしょうか。
感謝合掌 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年5月28日 第424号

全社員総会の開催目的 第424号

 今年も恒例の全社員総会を開催しますが、開催目的は更に人と社会の役に立ち喜ばれ必要とされると共に、社員さんを物心両面において更に幸せにすることです。
その実現のために、社員の皆さんと顔を合わせて絆を深め、強くてしなやかな組織を作るために開催します。
強い組織とは経営方針と仕事の目的「役に立ち喜ばれ必要とされる事」を全社員が共有出来ている状態です。
そして、しなやかな組織とは、どんな環境の変化にも組織が一枚岩になって柔軟に対応出来る状態です。
今年も全社員総会が開催出来るのも、社員の皆さんのご理解とご協力のお陰です。心から深く感謝申し上げますと共に皆様のご来場をお待ちしています。

2017年5月29日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年5月19日 第423号

努力はウソをつかない 第423号

 仕事をしていると人の持つ運の善し悪しを感じる時がありますが、長い目で見て平均してみると努力の差が運の善し悪しを作り出していると感じます。
努力をした人は必ず成功しているとは限りませんが、成功した人は間違いなく努力をしています。
それは努力をした分だけ能力が高まっているからです。
また、努力をしている人には周りの人達が応援をしてくれますので、その応援を励みにして更に努力をして成功に近づく事が出来るというわけです。
良き応援者を得る幸運は努力次第ということです。
信じる者は救われるという言葉がありますが、努力はウソをつかないと信じて更なる努力をしてみませんか。

2017年5月23日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年5月13日 第422号

一人でも多くの人に広島を好きになって頂く 第422号

 広島の地で、県外、海外からのお客様を受け入れる仕事をしている私達の使命は一人でも多くの人に広島を好きになって頂ける努力をする事だと考えています。
何故なら広島という地は世界平和の原点だからです。
誰もが平和な世界を望んでいますが、現実の世界ではテロや内戦が続き今でも多くの人が苦しんでいます。
広島も人類史上初めての原爆投下で、一瞬にして十数万人の尊い命が奪われました。しかし、私達広島市民は黙々と努力をして美しい街へと復活を果たしました。
平和を願う美しい心根が溢れる広島は私の誇りであり、その広島を仕事を通じて、一人でも多くの人に好きになって頂く事が私達広島市民の使命だと考えています。

2017年5月15日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長短信  第236号

社長短信 2017年5月 第236号

出会いの法則を活用しませんか

 人生には出会いの法則があります。
出会いの法則とは、良き友、良き仲間とのご縁を大切にすることで人生は好転すると言うことです。
そうであるならば、誰もが素敵な出会いを望みますが、類は友を呼ぶ、という言葉がありますように、出会いも自分の人間力(人間的魅力)のレベルに見合った人しか出会えませんし、近寄って来ないようです。
例えば、プラス思考を強く持つ人の周りには、同じようにプラス思考を強く持つ人がより多く集まり、お互いに良い影響を与え合うことが出来るので、更にお互いの人生が好転するのも納得できます。
逆に、いつも不平不満やグチをこぼす人の周りには、同じような人が集まりますので何も得るモノはなく、人生の好転は難しいと思いますが如何でしょうか。
やはり、良き友、良き仲間と出会うためには、自分の人間的魅力を高める必要があると思います。
更には、折角、良き人に出会ってもその人とのご縁を活かす努力をしなければ、人生は好転しません。
私達接客サービス業は、人のお役に立つだけでなく、お客様に喜ばれて必要とされる事を目指さねば、次も選んで利用して頂けませんので、人間力を磨くためには最高の仕事だと思っています。
特に接客サービス業は第一印象が大事ですから、身だしなみ、言葉遣いは尚更に気配りする必要があります。
この気配りが私達の所作を美しくしてくれますので、人間的魅力を更に高めることが出来ます。
また、お客様感動を追求するために、当たり前の事を一所懸命に行う事により人間的魅力が更に高まります。
一期一会、という言葉がありますが、毎回、ご乗車頂くすべてのお客様に対して、今回が一度限りの出会いだと考えて、誠心誠意、真剣に一所懸命に接客する事で人間的魅力は格段に向上します。
また、出会いの法則は家庭においても通用します。
家族との出会いを当たり前と考えるのではなく、有り難い出会いだと考え、丁寧に接しては如何でしょうか。
子供は親を選んでこの世に生まれてくる、という話を聴いたことがありますが、そのように考えると子供の期待に応える事は親の大切な責任だと思います。
家族との縁を大切にすることで、家庭内が調い、家族みんなが幸せに過ごす事が出来るようになります。
また、そのような家庭で育った子供は、自分達も家族を大事にする事で幸多い人生を送れると思います。
私達大人が出会いの法則を活用する良きお手本を示し、世の中に幸せな家庭を増やしたいものです。
感謝合掌 山内 恭輔

社長の週間一言 2017年5月7日 第421号

やりがい、喜びのある仕事にする方法 第421号

 タクシーという仕事は乗車されるお客様が常に機嫌の良い場合だけでなく、不機嫌な状態で乗車される場合もあり、気苦労の多い大変な仕事です。
しかし、お客様から直接に、気持ち良く乗れたよありがとう、時間が間に合って助かったよありがとう、とどんなに小さなありがとうでも言われると嬉しくなるのが人間の心情だと思いますが皆さん如何でしょうか。
仕事にやりがいや喜びを作り出せるか、出せないかは自分の接客次第であることを忘れていないでしょうか。
ご乗車頂いた事への感謝の気持ちと真心からの思いやりを込める事でお客様から心からのありがとうを頂き、自分の仕事へのやりがい、喜びを作り出しませんか。

2017年5月8日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

1 2 3 4 5 6 53