社長短信 2015年1月 台208号

社長短信 2015年1月 第208号

 

新年明けましておめでとうございます。

今年は大変に寒い正月を迎えましたが、新年早々から多くの社員さんに出勤して頂き、たくさんのお客様からの受注に応えることが出来ました事、深く感謝致します。

お陰様で多くのお礼が届いていますが、仕事の原点である、お客様のお役に立ち、喜んで頂く事で正当なお金を頂くことが出来て、大変に嬉しく、誇りに思います。

さて、新年の社長挨拶に「正月とは正しい事を考えて、正しく実行する月」という内容を書かせて頂きました。

私がつばめ交通の社長として掲げる今年の方針は2つです。

先ず社長方針の一番は「日々、無事故への挑戦」です。

全員が毎日、無事故への挑戦を積み重ねる事で、つばめ交通全体が一年を通して無事故で過ごしたいと思います。

二番目は「人間力の向上を通して、増客、増員、増収、増益」の4つの「増」です。

増客とは、つばめを選んでご利用下さるお客様を増やす事であり、そのためには更なるお客様満足の追求が必要です。

お客様満足を高めるために、私達の商品である「安全、快適、正確、迅速」を更に磨いていく所存です。

そして、今年は新たに「増員」を掲げました。

増員とはタクシー乗務員の増員だけでなく、将来のつばめ交通を背負う人財の採用と育成です。

今、つばめ交通には経験が豊かで大変に優秀な幹部社員の方々が活躍されており、次世代の30歳から40歳の幹部候補生も順調に育っています。

次に必要な幹部候補生として、来年卒業予定の新卒を中心に20歳代の採用を目指します。

また、大変に有り難い事にお客様からの受注もタクシーだけでなく、バスもハイヤーも運転代行も更にはトラベルも毎月順調に仕事が増えていますので、それに対応するべく社員さんの確保もしっかりと行う所存です。

しかし、折角入社して頂いても、一人前に成長出来なければお客様の前には出られません。

もちろん教育訓練課の方々にご尽力を賜りますが、それ以上に大切な教育は先輩からの励ましやアドバイスです。

つばめには昔からの良き伝統文化があり、先輩が新人に対して親身になって、いろいろと教えを頂いています。

入社して下さった新人を一日も早く一人前にするためにも、時には本社にて食事をして気軽に新人の方に声掛けをして下さいますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

今年も仕事を通して、たくさんの心からのありがとうを集める事で、社員の皆さんの心に豊かさと誇りを得て、充実した一年にする所存ですので、どうぞ宜しくお願いいたします。