第299号

有終の美を飾りましょう 第299号

 

有終の美を飾る、とは「最後までやり通して立派な成果をあげること」ですが、私達があげるべき立派な成果とは、先ずは無事故で今年を終了することです。

更に、次の成果は「心からのありがとう」をお客様からだけでなく、大切な家族、一緒に働く仲間から頂くことです。

同じありがとうでも、心からのありがとうは心の喜びの度合いが違い、心の豊かさも違ってきます。

お客様に対して、家族や仲間に対して、心を込めて接することで、心からのありがとうをたくさん頂きたいものです。

そして「終始」という言葉がありますが、これは、一つの終わりは次への始まり、という意味です。

有終の美を飾り、来年も更に良い年にしていきましょう。