第507号

有終の美を飾りましょう 第507号

 

今年は平成最後の師走ですから例年以上に感慨深いものを感じますが皆さんは如何でしょうか。

竹は節目があるから強くてしなやかなのであり、人間も節目を大切にすることで人生をよりたくましくしなやかに生きていく事が出来ます。

節目を大切にする生き方とは一つ一つの節目にてやるべき事をやり抜いて有終の美を飾る事です。

家庭人としてのやるべき事は家族を大切にすることであり、社会人としてのやるべき事は自分の仕事の責任を全うすることです。

先ずは無事故で、そしてより多くの「心からのありがとう」を創り出し有終の美を飾りましょう。

 

2018年12月24日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係