第275号

子曰く、君子はこれをおのれに求む。   第202号

小人はこれを人に求む。  「論語」衛霊公より

(和訳)自分の思うようにいかない時に立派な人は自分自身を反省するが、半人前の人は他人の責任にするものだ。

人間の弱点として失敗したり思い通りにいかない時に自分の事はつい棚に上げて他人のセイにしてしまいがちです。

それは自己防衛本能が無意識に働いてしまうからです。

しかし、何事も自分に目線を充てない限り、自己成長は図れませんし、自己中心的な考え方や行動をしていては家族や友人、仲間から信頼や尊敬を得る事は出来ません。

人様の大切な命を預かってハンドルを持つ私達の職業においては、常に自らを素直に反省する努力によって、安全という成果、お客様満足という成果を作り出したいものです。

 

2014年7月14日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔