第266号

笑顔は心の栄養素 その2 第266号

 

先般、カンボジアに行き、日本のNPOが直接運営している孤児院を訪問しました。

東南アジアの中でカンボジアは最も貧しい国であり、孤児も多いので暗いイメージを持って訪問をしましたが、門を入った瞬間に出迎えの子供達の屈託のない底抜けに明るい笑顔に当初のイメージを見事にくつがえされました。

この孤児院では社会人となった時に独り立ち出来るように日本語を教えていますが4歳から18歳までの子供達が日本語で流ちょうに挨拶をして自分の夢(教師、歌手、医者、美容師など)を溢れる笑顔で話す姿に大変に感動しました。

子供達を元気づけるつもりが反対に私達日本人が元気を与えてもらい、更には笑顔の素晴らしさを教えて頂きました。

 

2014年5月12日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔