第216号

当たり前を一所懸命に行う その1  第216号

 

社員総会で西川先生から当たり前を一所懸命に行う事の大切さを学びましたが重要な事は思うだけでなく実践する事です

「ありがとう」は接客業だけでなく人間関係を豊かにするためにも最も大切な言葉だと誰もが知っていますが、ではどれだけの人が一所懸命に「ありがとう」を伝えているでしょうか。

ありがとうは、声が小さくて低くては伝わりません。

ありがとうは、顔を向けて目を合わせないと伝わりません。

ありがとうは、心からの感謝の気持ちが無ければ伝わりません。

私達はお客様にご乗車頂いて、降りられるまでに最低でも3回以上の「ありがとうございます」と言える機会があります。

ありがとうの気持ちを一所懸命に伝える事で、お客様の期待を超えて感動を創り出してみませんか。

 

2013年5月3日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔