社長短信 2011年6月 第166号

社長短信2011年6月 第166号

先日の5月16日、17日に開催しましたつばめ交通の全社員総会には、二日間で300名を超える社員さんに参加をしていただき、更に、私の親父代わりとして励ましをいただいたり、時には苦言を呈して下さる谷川先生にもご出席を賜り、大変に盛大のうちにて終了することが出来ました。

特に、各部門長からの方針発表の時や、谷川先生の講演の時には、私語もなく真剣に聴いて下さり、お陰様で規律正しく、品格のある雰囲気で総会を終えることが出来ました。

皆さんの大人としてのモラルの高さに深く敬意と感謝をいたします。

また、今年で永年勤続30年を迎えられました保田滋課長には心からお祝いとお礼を申し上げます。

総会後に、保田課長は早速に、記念品である旅行券を使って奥様と夫婦水入らずの温泉旅行へ行かれました。

旅立たれる当日の朝に、北口駅へわざわざご夫婦で挨拶のためにお越しになり、久々に奥様にお会いしましたが、夫婦で協力し合って懸命のリハビリの甲斐があって、随分と回復されて、奥様の笑顔がとても素敵で、大変に嬉しく思いました。

また、10代で入社をされ、今年永年勤続15年を迎えられました宮田課長はつばめにて大きな存在価値を持つほどに社会人として立派に成長をされましたが、家庭においても3児のパパとして立派な家庭人となられて、大変に頼もしく嬉しく思いました。

つばめ交通は今月6月26日で創業60周年を迎えます。

国税庁の発表によりますと、法人255万社の中で、10年以上の生存率が5%であり、30年は2%未満、60年も継続するのは奇跡のような数字です。

厳しい経済環境を幾度も乗り越えて、60周年を迎えることが出来たのも、創業以来、つばめ交通で活躍を頂いた多くの社員の皆さんのお陰です。

心から深く感謝を申し上げる次第です。

現在、つばめには20代から70代まで幅広く、多くの方々が現役としてバリバリとご活躍を頂いています。

若い方々には企業の成長発展の原動力となっていただき、また人生経験豊かな年長者の方々には、つばめの品格を更に引き上げていただき、お客様から厚い信頼を得て、名実共にバランスの良い企業へと成長させていただいています。

これからも、社員の皆さんがそれぞれに持っておられる人間味をしっかりと発揮していただき、地域で最も必要とされ、そして誇りが持てて、働き甲斐のある会社作りを目指す所存です。

皆様のご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

感謝合掌 山内 恭輔