社長の週間一言 2011年4月18日 第105号

無事故は平常心から

事故原因のほとんどがヒューマンエラー、人間が原因です。

人間は不完全な存在ですから事故を皆無には出来ないかも知れません。しかし、限りなくゼロに近づける事は可能です。

そのためには平常心を保ち、常に第三者の立場で自分と相手を冷静に観ることです。心が乱れると平常心は保てません。

心の乱れは、外部からの刺激(影響)に対して、自分自身で心のコントロールが上手くできないために起ります。

これは人それぞれの性格にもよりますが、誰でも平素からの訓練で平常心を保つことは可能です。

どんな事があっても心を乱さない!! その努力を積み重ねるとで、無事故という成果を創り出しましょう。

2011年4月18日
つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔