社長短信 2011年2月 第162号

社長短信 2011年1月 第162号

先般、恒例のワイガヤ会議を開催して、今回も大変に貴重な有り難いお話しをたくさん聞かせていただきました。

その中でも、特に嬉しかったのは、お客様が私達つばめ交通をどのように見ておられるか、という話です。

空車の時でも態度や姿勢が素晴しい、という点以外にも、迷惑駐車をしていない、迎車時の外で待つ姿勢が立派、仲間同士でタムロしていない、運転マナーがよい、飛ばしていない等、お客様は本当によく見ておられると感心をした次第です。

常に見られているという気持ちを忘れずに、お客様の期待、そして自らの仕事に誇りが持てるように努力をしている仲間を裏切らないように心掛けたいものです。

また、お客様満足を作り出すためにいろいろな努力をされているお話も聞かせていただきました。

特に、お客様とのトラブル防止には、ご乗車される前に目線を合わせて、笑顔でドアーを開けると既にお客様は心を開いて下さっているから小さなミスでも大目に見て下さるそうです。

更に第一声の声が元気で明るいとトラブル防止には完全です、という意見もありました。

また、タクシー乗務の心構えは「ヤル気、負けん気、根気」ですが、特に負けん気も他人と闘っている内は上手くいかない、他人に勝ったとしてもヤル気や根気は出てくるものではなく、やはり自分に負けずにヤル気、根気も自らが引き出すことが重要だと言われました。

タクシーでは新人かも知れませんが、社会人として一流の闘い方を正しく知っておられて感心をしました。

更に仕事の流れの中で調子の悪いとき、特に13時から16時のヒマな時間をどう過ごすか、という仲間からの質問に対して、そのような時は、無線やお客様を追い掛けずに、地理勉強の時間だと割り切って流し営業をしながら自分の苦手な場所を丁寧に廻っていると地理に強くなるし、思わぬ所で手が上がって意外な収穫があり、結果として牛田地区以外の得意なエリアを作り出して営収向上に繋がったそうです。

ドライブレコーダーに対しては、監視されているという先輩がいますが、いつ如何なる時でも恥ずかしくない行動をしていれば良いのであって、それよりも事故の時やトラブル防止、防犯面で私達を助けてくれる大事なものだと考えています、というお話もありました。

私自身はマンネリ化していないつもりでしたが、新鮮な気持ちで仕事に取り組まれている新人の方のお話しには目からウロコが何枚も落ちた気がしました。

今回のワイガヤ会議へご参加賜った皆さんへ心から感謝を申し上げますと共に、次回のワイガヤ会議を今から楽しみにしています。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

感謝合掌 山内 恭輔