第391号

価値観その六 健全な人生観その二 第391号

 

前回は健全な人生観として、人生は二度なし、時間は有限で命であると考えて、一分一秒を大切に誠実に生きませんか、という内容を書かせて頂きました。

私はもう一つの人生観として、自分の人生の主役は自分であり、二度とない人生を幸せなものにするのはすべて自分の考え方と行動次第だと考えています。

幸せへのアプローチは人によって違いもありますが、共通する幸せは良き人間関係をつくる事です。

小才は縁に気づかず、大才は袖触れ合う縁も活かす、と言いますが、縁とは一瞬の時です。その一瞬の縁を大切に誠実に活かす努力にて良き人間関係をつくり、一度しかない人生をより幸せなものにしたいものです。

 

2016年10月10日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔