社長の週間一言 2010年8月23日 第71号

自分の仕事に誇りを持つために

お店でお金を支払うときに、片手で受け取られると、自分を粗末にされているようで不満に感じると共に、何とこの店員さんは品性が無いなあ、と思うのが人情です。

両手で受け取って貰うと、自分は大切にされていると感じて満足度が高まり、店員さんへの好感度もアップするのも人情です。

タクシーの場合は更に気をつけないと、前向き姿勢で目線を合わせずに後ろ手で受け取ると不満を超えて失望に変わり、そして単なる「運ちゃん」と低く評価されてしまいます。

自分の仕事に誇りを持つためにも、キチンと手袋を外して、目線を合わせて、両手で丁寧に受け取りたいものです。

2010年8月16日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔