第374号

子供の良き手本になりましょう 第374号

 

日本の教育哲学者として大変に有名な森信三先生が提唱された「躾の三原則」は

1つ、朝起きたら親に挨拶をする事

2つ、親に呼ばれたら「はい」とハッキリと明るい返事をする事

3つ、ハキモノを脱いだらきれいにそろえて、席を立ったらイスは机の下へ入れる事

この三つを子供の頃から躾けたら、間違いなく人の道を正しく歩む立派な人間になるそうです。

躾の基本は、先ずは親が良きお手本を示す事だと考えて、我が社の行動目標「身だしなみと心を調えて明るい笑顔と元気な挨拶」を掲げました。

 

2016年6月13日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔