第224号

社長短針 2016年5月 第224号

 

今月の24日と25日に毎年恒例の社員総会を開催させて頂きます。

社員総会の開催目的は「強くて、しなやかな組織」を作り、成長発展、永続出来る企業とするためです。

「強い組織」とは、目標を達成する力が強く、更には、仲間との助け愛、励まし愛、信じ愛、許し愛の精神が強く発揮されている組織です。

「しなやかな組織」とは、環境の変化に、的確に、正確に、迅速に対応出来る組織の事です。

大変に変化の激しい世の中で、未来へ向かって勝ち残れる企業は、強くて、変化対応力のある「しなやかな組織」を持つ企業のみです。

企業の一番の命題であり、最も大切な経営目的は、永続することであり、どんなに素晴らしい社員さん、どんなに優れた商品を持っていても、企業が永続出来なければ企業の存在価値はありません。

永続出来る企業こそが、社員さんを物心両面において幸せに導き、安心して働ける会社となります。

社員総会は年に一回ですが、全社員の皆さんと一同に集まり、今年度の方針を皆さんに知って頂き、そして、皆さんと顔を合わせて、コミュニケーションを図り、心と力を合わせて一枚岩の「強くて、しなやかな組織」を作り、未来へと永続出来る企業となることを目指したいと思います。

さて、今年度の社長方針は

「初心に戻り、増員、創客、増収、増益を目指す」です。

初心にもいろいろな意味合いがありますが、最も大切なのは「素直な心」と「前向きの向上心」です。

我が社に入社される方はタクシー未経験の方がほとんどですので、誰もが仕事を覚えるために素直に教育係や先輩のアドバイスに耳を傾け、そして一日でも早く一人前になるために一所懸命に努力されたと思います。

そして多くの体験を積んで一人前の仕事が出来るようになられました。

しかし、もうこれくらいでイイだろう、と前向きな向上心を手放した時から人間も企業も衰退していきます。

お客様のニーズは年々(日々)進化していきますので、それに対応するためには素直な心で常に前向きに向上していく努力が必要です。

日々進化するお客様ニーズや社会環境の変化に、的確に正確に迅速に対応出来る「強くて、しなやかな組織」を作り、企業と人の成長発展を通して永続出来る企業となるために、初心の心を大切にしたいと考えて今年度の社長方針を「初心に戻る」と掲げた次第です。

皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたしますと共に総会でお会い出来ます事を楽しみにしています。

 

感謝合掌 山内 恭輔