第218号

秋の安全接客研修会の一番の成果

 

秋の安全接客研修会が無事に実り多くして修了しましたが、これも乗務員の皆さんのご協力と、設営と運営にご尽力を頂いた管理職の皆さんのお陰です。
心から深く感謝を申し上げます。

 

この研修会を通じて多くの成果を作り出して頂きましたが、一番の成果は皆さんの礼節マナーの素晴らしさを通して更に人間力の向上を図れたことです。

 

研修会場として観音マリーナの施設を使わせて頂いて今年で3年目ですが、県の職員の皆さんが口を揃えて誉めて下さった事が、つばめの社員の皆さんは挨拶が丁寧であること、タバコの吸い方のマナーをキチンと守っていること、歩く姿がキビキビとして立派であること、そして時間前には全員が集合して13回の研修会の全てが時間前にスタートしていた事だそうです。

 

今まで多くの職種の方々が研修会場を利用されていたそうですが、礼節マナーの素晴らしさは一番でしたと会場使用のお礼に行った高田常務、金井部長に言って下さったそうです。

 

この研修会の当初の目的は安全性の向上と接客サービスの向上を目指して、ロールプレイによる接客訓練や運転技術や法令知識などの仕事力を高める事でしたが、それ以上の成果として皆さんの素晴らしい礼節マナーを通して更なる人間力の向上を図る事が出来た事を大変に嬉しく、そして誇りに思います。

 

タクシー課だけでなく、バス課も10月分のアンケートの返信で田川さん、芳之内さん、横道さん、竹下さん、河本課長補佐がお客様から大変に高い評価を頂いています。
更には杉田係長や増井さんにはわざわざにお客様から嬉しいお礼状が届きました。

 

バスはタクシーと違って長い時間をお客様とご一緒しますので、心から一所懸命に仕事をしていると必ずお客様に伝わりますが、お客様から楽しい旅になりました、と誉めて頂き、大変に嬉しく思いました。

 

人間は誉めてもらう事が一番の喜びであり、誉められると心が温かく豊かになりますが、仲間を誉めて頂く事も同じ仲間としてひと味違う喜びがあります。
仲間の良い情報、誇りに思える情報を皆さんが聴いたり見たりされたら是非とも高田常務に教えて下さい。

 

常務が上手に文章にして皆さんに紹介して下さいます。

 

一緒に頑張る仲間をお互いが誉め合うことで、豊かで温かい心が溢れる社内環境を作り出したいと思います。

 

立秋が過ぎ、あっという間に師走を迎えますが、くれぐれもお身体をご自愛下さい。

 

 

感謝合掌 山内 恭輔