第338号

同質化よりも異質化を目指す 第338号

 同業他社と同じでは明日は無い、という言葉の通り、企業間競争を勝ち残るためには異質化が必要です。
同質化競争とは、同じ商品を同じ市場にて如何に価格を安くするかを競争するのですから、タクシー業界にては労働条件を悪化させ、業界を衰退させるだけです。
私達が取るべき健全な企業間競争は異質化です。
つばめ交通は接客サービスの質が明らかに違う、とお客様が感じて心にまで響くためには、人の喜びを我が喜びとする事が出来る心豊かな人間力が必要です。
皆さんが本来お持ちの優しさや思いやりなどの人間力を存分に発揮され、心にまで響くサービスの質の差を広げて、更に選ばれるつばめを目指したいものです。

2015年10月5日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔