社長ブログ記事一覧

社長短信 2018年10月10日 第254号

社長短信 2018年10月 第254号

 お客様満足係兼お客様創造係

 上記の辞令を10月8日付けで私を含めて全社員へ発令しました事は既に週間一言にてご存じだと思います。
もちろん、この二つは平素より社員の皆さんが自覚して仕事に取り組んで下さっている事であり、日頃からの努力に心から感謝申し上げます。
しかし、人間は目の前の事に集中すると、何のために、誰のために、どのような仕事をするべきか、という仕事の本来の目的を忘れてしまいがちです。
人生の大半を占める仕事は人生そのものであると言いますが、仕事の目的を忘れると言う事は、人生の生きる目的を忘れる事と同じであり、それでは有意義で幸せな人生は送れません。
今一度、私達は何のために、誰のために、どのような仕事をするべきかを明確にすることで、仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事」の深掘りをして「心からのありがとう」という成果を確実に創り出したい、更に自己存在価値を高める事で皆さんに幸せな人生を送って頂きたいと考えて辞令の交付を行いました。
ここで少し言葉の解釈を述べたいと思います。
先ず「お客様」とは自分以外の全ての人の事です。
会社という組織で働くためには、組織の機能である、二人以上の複数の人間が協力して働く事で1足す1は2以上の成果を作り出す必要があります。
そのためには仕事力を磨かねばなりません。
更に人間社会は「情」も必要ですから、同じ職場で働くという「ご縁」を大切にして、自分と一緒に働いて良かったと仲間に満足してもらえる人間力を磨く努力が必要です。
そうやって皆さんの仕事力と人間力を磨き高める事で強くてしなやかな機能的な組織を作り、お客様満足度の更に高い仕事を目指します。
しかし、お客様に満足していただくだけでは企業の命題である「永続」は出来ません。
企業を永続させるためにはより多くのつばめファンを創り出す必要があります。
私自身もつばめ交通の広告塔という自覚を持ち、皆さんと一緒にお客様の期待に応えて満足を提供し、その努力を日々積み重ねることで更に期待を超えて感動を提供し、更に多くの選んでご利用下さるつばめファンを創り出したいと考えます。
皆さんのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
感謝合掌 山内 恭輔

社長の週間一言 2018年10月6日 第496号

「お客様満足係」兼「お客様創造係」第496号

 上記の辞令を私も含めて全社員へ発令します。
この二つの役職は既に皆さんが責任を持って実践して下さっている事であり、改めて感謝致します。
この度の辞令交付の目的は今一度仕事の責任を明確にし、仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事」の成果を確実に創り出すためです。
私自身もつばめの理念の体現者として自分以外は全てお客様という自覚を持ち仕事に臨む所存です。
皆さんも一緒にお客様の期待応え、満足を提供し、更には期待を超える努力にて、より多くのつばめファンを創り出していこうではありませんか。
どうぞよろしくお願い致します。

2018年10月8日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔

社長の週間一言 2018年9月29日 第495号

一年の四分の三節を迎えて 第495号

 

今年も残すところ三ヶ月となりましたが、時の過ぎるのは早いものです。

特に来年は元号が変わりますので平成最後の一年だと考えて一日一日を大切に生きたいものです。

日々を大切に生きる生き方として、何のために生きるのかという志、目的意識を持つ事が大事です。

今年の社長方針「意識改革で原点回帰」に基づき、同じやり方に固執する事なく、人間の原点「真心からの思いやり」を存分に発揮して、仕事の原点「人の役に立ち、喜ばれ、必要とされる事」の深掘りをする事で更に多くの「心からのありがとう」を創り出し、充実した日々を送りたいものです。

 

2018年10月1日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係兼お客様創造係 山内 恭輔

社長の週間一言 2018年9月22日 第494号

直感を磨くコツ 第494号

 

直感を磨くコツの一つは目覚めたら直ぐに起床することです。

直感とは人の気持ちや物事の真相を心で直ちに感じ取る能力のことです。

直感は危険を予知させ事故防止につながりますし、お客様の気持ちを心で感じ取る力にもなり、私達の仕事には欠かせない大切な能力です。

目覚めは脳から身体に起きろと命令をしています。

その命令に直ちに従う習慣が直感を磨くそうです。

早起きは三文の徳とも言いますが目覚めたら直ぐに起きて爽やかな朝を迎えて心を調えると共に安全で快適な運行に通じる直感を磨きたいものです。

 

2018年9月24日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2018年9月16日 第493号

人間として何が正しいかで判断する その二 第493号

 人間として正しい判断基準に信用があります。
つばめ交通ではお客様からの信用を得るためにいろいろな努力や工夫をしていますがその一つに配車時間の五分前到着があります。
五分前に到着するように配車することで配車場所を間違えたり途中でトラブルがあっても顧客様との約束の時間に間に合う可能性が高くなります。
時間を守る努力により信用を得るために持ち出す費用は単純計算で年間約五千万円の売上損失です。
生産性の観点からみると無駄なお金かも知れませんが私は顧客様からの信用が第一と考えます。
皆さんのご理解とご協力を宜しくお願い致します。

2018年9月17日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長短信 2018年9月8日 第253号

社長短信 2018年9月 第253号

 人間の原点である「真心からの思いやり」を分かりやすく形に表せるのは礼節です。
礼節とは社会生活の秩序を保つために人が最低限に守るべき礼儀と節度です。
「礼儀」とは相手を敬い、自らを抑制、謙遜して、行いを丁寧にすることです。
そして礼儀を相手と時と場合に応じて正しく行動に移す事が「節度」です。
礼節を正しく身につけている人の心の根底には感謝の気持ちが溢れていますので他人に対して真心からの思いやりが自然に湧いてきます。
衣食足りて礼節を知る、という諺がありますが、現代社会のように衣食が十分に足りていても礼節が身についていないのは心に余裕がないからです。
物欲に支配されている限り、自分の心に余裕は持てませんから、他人への思いやりも持てません。
礼節を正しく身につけるという事は、物欲に支配されない健全な生き方を身につけるという事です。
礼節を身につけて初めて一人前の人間といえます。
以前の週間一言にて、高運収を上げる三宅恵美子さんの秘訣を書きましたが、数字を追わず、数字に一喜一憂することなく、お客様との出会いを楽しみながら仕事をすることで、平常心を保ち、粘り強く仕事に取り組めるので生産性が上がる大切な心構えを三宅さんから教えて頂きました。
三宅さんも普通の人間ですから物欲はしっかりとお持ちです。自分の老後のためだけでなく、特に可愛いお孫さんが欲しがるものを十分に買えるお金を得るために頑張って働いておられます。
しかし、三宅さんは物欲に支配される事なく、物欲を活用して上手にヤル気を引き出し、粘り強く仕事をされてます。そして、近距離であろうが、酔客であろうが、どんなお客様に対してもご乗車下さり有り難い、との感謝の気持ちを持ち、真心からの思いやりを持って仕事をされています。
「不思議な事に次から次へとお客様が乗車されるんですよ」と謙遜して言われますが、それは平常心から引き出す粘り強さと集中力の成果です。
三宅さんは人生を幸せに生きる達人であり、是非とも学びたい生き方のお手本だと思います。
三宅さんから学ぶべきポイントは
一、どんな小さな事でも感謝する心を大切にする
二、誰に対しても真心からの思いやりを持つ
良い事は直ぐに素直に真似る、これを大切にしたいと思いますが如何でしょうか。

感謝合掌 山内 恭輔

社長の週間一言  第492号

人間として何が正しいかで判断する その一 第492号

皆さんはお客様と顧客様の違いをご存じですか。
お客様とはご利用下さる全ての皆様の事です。
顧客様とはリピートされる常連のお客様の事です。
一般的に考えると顧客様の方を大切にするべきであることは誰もが知っています。
しかし、雨が降るなど忙しくなった時に損得勘定が先に出て、効率の悪い顧客様よりも目の前のお客様を優先してしまう場合があります。
全てのお客様が大事であることはもちろんですが人間として正しい判断基準である人間力の原点「真心からの思いやり」すなわち「情」に基づき顧客様を優先的に大切にしたいものです。

2018年9月10日
つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2018年9月3日 第491号

何のために生きるか 第491号

 

人は幸せになるために生きます。

しかし、人間は自分一人の幸せでは本当の幸せを感じる事が出来ないことを知っています。

本当の幸せは人と一緒に幸せになることです。

人生の大半を占める仕事は人生そのものですから、何のために生きるかという問いは、何のために働くかのという問いと同じです。

人間は人を幸せにするために働くことが真の幸せだと考えて我が社の経営理念を掲げました。

仕事を通して人の役に立ち、喜ばれ、心からのありがとうを頂ける事が真の幸せだと感じられる健全な価値観を皆さんと共有したいと考えます。

 

2018年9月3日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

社長の週間一言 2018年8月25日 第490号

最重要判断基準「何がよいことなのか」第490号

 

先般の豪雨災害時には多くの反省点がありましたが配車室の適切な判断と指示のお陰で社員さんもお客様も無事で何よりでした。

これは配車室のスタッフが「何がよいことなのか」の判断基準を明確に持っていたからです。

「何がよいことなのか」の判断基準は三つです。

一つ、社員満足(安全)、二つ目がお客様満足(安全)、三つ目が社会貢献です。

人間はいざという時に試されます。

皆さんと共に迅速で適切な判断力を養うために「何がよいことなのか」を上記三つの観点で考える習慣を日頃から身につけておきたいものです。

 

2018年8月27日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係

山内 恭輔

社長の週間一言 2018年8月19日 第489号

社内健康診断受診のすすめ 第489号

 

我が社では「健康経営」を目指して昨年からは社内の健康診断にガン検診も追加しました。

そうすると驚くべき事に11人もの人にガンの疑いがあるという診断が出ました。

その中でもバス課の大西さんは大腸ガンが早期に発見出来ましたので直ちに治療に入り、約一年経った今月から無事に復職されました。

自分だけは大丈夫、と考える人が多いようですがガンは早期発見が一番重要です。

健康に勝る財産はありません。

今月20日からの社内健康診断を一人残らず受けて下るよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年8月20日

つばめ交通株式会社 代表取締役兼お客様満足係 山内 恭輔

1 2 3 4 5 60