社長の週間一言の記事一覧

社長の週間一言 2010年2月1日 第42号

終わりよければ全て良し

このコトワザは相手を許す心の寛容さが大きい日本人の特性を表した言葉です。

人間は不完全な存在ですから、間違いも勘違いもします。

けれども、終わりが良かったら、すべて帳消しにしましょう、ということです。

接客において、言葉足らず、行き違い、勘違い、経験不足、知識不足でお客様満足が達成出来ない場合もあると思います。

しかし、降車時ドアーサービス、お見送りサービスをキチンと実施して、最後に心からの「ありがとうございます」を添えることで全て良しとするように努めたいものです。

2010年2月1日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年1月25日 第41号

努力は自分への愛 他人への愛

前回の週間一言に「能力の差は二倍、努力の差は無限大」と書かせていただきましたが、それに対してタクシー課の社員さんから「能力の差はほとんどありませんよ。すべては努力次第です。」と言っていただきました。

人間は限りない可能性を持っていますが、残念ながら、私達は固定観念で自分の可能性に限界を作っています。

自らが持つ限りない可能性を信じて努力することこそ、自分への愛情ではないでしょうか?

そして、自分の能力を最大限に発揮して、一人でも多くの人を幸せに導くことで他人への愛の実力を高めたいものです。

2010年1月25日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年1月18日 第40号

能力の差は2倍 努力の差は無限大

大リーグの安打記録を更新しているイチロー選手と同等の身体能力を持つ人は数10万人以上居るそうですが、自分の偉業は努力の賜物だと本人が語っています。

発明王エジソンも1%のひらめく能力と99%の努力の結果であると本人自身が語っていました。

努力は無限大の可能性を引き出します。

無事故も増収も更なるお客様感動の創造もすべては努力の成果です

自分にサジを投げることなく、また言い訳上手になることなく、最善の努力を尽したいものです。

2010年1月18日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2010年元旦

一年の計は元旦にあり

元旦とは太陽が初めて昇る日を表しています。

昔の人は元旦の日の出はすべてを新しく蘇らせると考えて、過ぎ去った事は忘れ、初心に戻ることで、失敗を成功に変え、困難を希望に変えてきました。

正月とは正しい月と書きますが、正しいことを考え、正しく実行すれば、必ず正しい結果が出ます。

 

皆様と共に心新たにして、無事故への挑戦、増収増益への挑戦、お客様満足度向上への挑戦を図り、更に大きな希望を作り出しましょう。

2010年 元旦

代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2009年12月28日 第37号

有終の美を飾る 「有終完美」

右記は「何事も終わりが肝心であり、最後まで物事を立派にやり遂げる」という意味です。

私達は単なる旅客輸送業ではなく、奥の深い接客サービス業ですから、最後まで安全であることはもちろん大切ですが、一人でも多くのお客様から「ありがとう」を集めることが私達の職務を立派にやり遂げることになります。

世界で一番美しく、そして言霊という大きなエネルギーを持つ「ありがとう」を沢山集めることで来年も善い年としたいものです。

皆様のご多幸を心から祈念申し上げます。

2009年12月28日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2009年12月21日 第36号

選ばれるだけの差をつける

商売をする者にとって、お客様に選ばれることは最高の喜びであり、売上も増しますが自分の仕事に誇りも持てます。

しかしながら、最近の不況下ではその差が大きくないとお客様に選んで頂くのは大変に難しくなりましたが、我が社では価格の差よりも、快適性の差を重要視します。

現在行っている、ドアーサービス、安全運転宣言、お見送りサービスなどの目に見える方法も重要ですが、どれだけ感謝の心と思いやりの心を込めて明るい笑顔で行うかによって大きな差がつくことを忘れたくないものです。

2009年12月21日

代表取締役 山内 恭輔

社長週間一言 2009年12月14日 第35号

縁ある者同士の責任

人は限りない可能性を持っていますが、残念ながら人はいろいろな失敗や挫折体験などを経て、無意識に自分の可能性にフタをして能力の発揮を自らの手で妨げています。

そのフタを取る援助(手伝い)を出来る人が、家族であり、真の友人であり、信頼される上司であると考えます。

「部下の能力最大限に引き出し成果を作り出す援助をする」

これをつばめの管理者の責任として定義していますが、それに限らず、縁あって一緒になった家族、友人、つばめで働く仲間同士の責任として、お互いに励まし合い、認め合い、支え合う人間関係を作り出していきたいものです。

2009年12月14日

代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2009年12月7日 第34号

お見送りサービスはつばめの金看板

先般、私の知人の娘さんが稽古事で帰りが遅くなったので流しのタクシーを拾って自宅マンションまで帰った時に、乗務員さんから「エレベーターに乗られるまで見ています。」と言って下さり、車から降りてエレベーターに乗るまでずっと見届けてくれたそうです。

自分からお願いしたかった事を乗務員さんが先に言って下さり感激して社名を見たら「つばめ」だったそうです。

それ以来、つばめ以外には乗らないと家族で決めたそうです。

真剣に誠実にお客様に関わって頂き、深く感謝いたします。

つばめの金看板である「お見送りサービス」の実施率を高めることで更に多くのお客様感動を作り出していきましょう。

2009年12月7日

代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2009年11月30日 第33号

第一印象が9割を決める
12月接客強化目標「明るい笑顔と元気な挨拶」
私達は一回一回のお客様に最高の満足を提供できるように一所懸命に努力をしていますが、その満足度も第一印象で9割が決まるとなると、最初の挨拶が如何に重要であるかを良くご理解いただけると思います。

12月という月は、一年で一番の繁忙期であり、多くの新規のお客様と出会うことが出来ます。そのお客様を一人でも多くのつばめの信者にして、1月、2月の閑散期の備えとするためにも、最高の明るい笑顔と元気な挨拶を提供しようではありませんか。

平成21年11月30日

代表取締役 山内 恭輔

社長の週間一言 2009年11月23日 第32号

『モノよりも心を売る』

モノが十分に溢れている現代において、ユニクロやニトリが大躍進している理由は、両者共にモノではなく心を売っているからです。

ユニクロは安い服を売るのではなく、機能性を常に進化させてお客様の支持を得ています。

ニトリは安い家具を売るのではなく、生活の豊かさと楽しさを売って全国シェアが50%を超えました。

 

私達つばめ交通が売るべきコトは『安心と心地よさ』です。

一回、一回のお客様に安心と心地よさを提供することで、更に選ばれるように頑張りましょう。

平成21年11月23日

つばめ交通株式会社 代表取締役 山内 恭輔

1 39 40 41 42 43 44