社長と共に学ぶ人間学の記事一覧

社長と学ぶ人間学 その10

人間学を共に学ぶ皆さん、こんにちは。

11月の黄砂が飛来するのは5年ぶりとのことですが、気候の変動が激しい時には、人心も乱れやすいと言います。

人間学を学ぶ目的は、論語などの古(いにしえ)の言葉に触れることで、人間としての正しい生き方を再確認して、自分を律する心を養うことにあります。

しかしながら、人間的成長には特効薬はありません。

漢方薬の如く、日々の学びと実践の積み重ねによって、自然と身についていくものだと考えて、末永く一緒に学んでいきましょう。

子曰く、之を導くに政(せい)を以ってし、これを斉(ととの)うるに刑を以ってすれば、民免れて恥ること無し。
之を導くに徳を以ってし、之を斉うるに礼をもってすれば、恥ずるありて且(か)つ格(ただ)し。

為政第二

意味は

孔子の教えによれば、人民を導くのに、法律や規則で統制して、もし従わないときは刑罰を厳しくすれば、人民は刑罰から逃れれば良いと思い、悪いことをしても少しも恥ずかしいとは思わない。

ところが、人民を導くのに、徳(モラル)をもって行い、礼(マナー)をもって接すれば、人民は徳と礼節を失う悪事に対する恥を知り、そして自らが正していくようになる。

今の時代にピタリと当てはまる至言と思いますが、如何でしょうか?
これは国という大きな単位だけではなく、会社や家庭など身の回りにも当てはまると思います。

残念ながらタクシー業界においても、違法駐停車をして客待ち営業を何ら恥じることなくされている乗務員さんが居ますし、また、これを黙認している会社が多くあります。

彼らをもっと厳しく取り締まるべきだ、という声もありますが、それは一過性のものであり、やはり道徳と礼節の大切さを教えることが必要です。

それが社長の義務だと思います。
私も微力ながら、月刊社長短信、社長の週間一言などを通じて、あるいは管理職の皆さんと共に、仕事を通じて道徳と礼節の正しさを伝えていますが、まだまだ道半ばです。

戦後の歪んだ教育政策によって道徳教育が削除されましたが、ここまで人の心が乱れ、枯れてしまうとは誰も想像は出来なかったと思います。
しかし、現状を憂う人々によって、最近は論語の勉強会が各地で行われています。
私達も、論語を含めた人間学を通して、人間としての正しい生き方を学び、それを実践することで、その行いは大河の一滴かも知れませんが、少しでも世の中の流れを良い方向へと導きたいものです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

感謝合掌 山内 恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その9

人間学を共に学ぶ朋友の皆さん、こんばんは。

「秋の釣瓶(つるべ)落とし」という言葉通り、日が随分と短くなりましたね。

冬至までには一ヶ月以上もありますが、更に短くなると思うと何故か侘びしい気持ちになるのは私だけでしょうか?

日本の豊かな四季は、日本人の心を感性豊かなものへと育んでくれました。

どんなに忙しい時でも、ちょっと周りを見渡して、四季の変化に気づく心の余裕を持ちたいものです。

さて、今回から為政第二に入ります。

詩三百、一言(いちげん)以てこれを蔽(おお)う、曰(いわ)く、思い邪(よこしま)無し

為政第二の2

意味は

詩経の詩には三百もあるが、これを一言でまとめることができる。それは、その詩の心に邪悪さが無いということだ。

解説しますと、

『詩経』は、孔子が3000 以上あった当時の民謡やその他の詩を約300にまとめたものです。ちなみに、日本最古の万葉集は4500ほどありました。

『思い邪無し』とは、心に邪悪さが無い、何も考えない無邪気な詩が良い、と孔子さんが言ったわけです。

すなわち、賞を取ろうとか、誰かを陥れようというような作為があって詩を作ると、邪気が出てしまって失敗する事が多い、という意味を言っています。

これは別に詩に限らずで、周りを見渡していると、「思い邪有り」が世の中に溢れています。

私自身も「思い邪有り」と言われないように努力しなければいけないと感じます。

そのためにも、日々において『思い邪無し』を口ずさむのは如何でしょうか?

最後まで、読んでくださり、ありがとうございました。

山内恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その8

人間学を共に学ぶ皆さん、こんにちは。

今回はいよいよ学而第一(がくじだいいち)の最後の文章です。

学而第一には16の文章がありますが、まずは短くて判りやすい文章を選んでいます。

もちろん、私の理解がまだ十分に及ばない文章もありますが、学而第一の残りの文章はこれから論語の勉強を深めた後にまた戻ってくるつもりですので、どうぞよろしくお願いします。

子(し)曰(のたま)わく、人の己(おのれ)を知らざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患(うれ)うるなり。

『学而第一』の16番目より

意味は

孔子が言われた。
人が自分を知ってくれなくても心配する必要は無いが、自分が人を知らないことを心配するべきである。

語句の解説として、 「患えず」は「憂えず」と同じ表現です。

論語は孔子さんの死後に、孔子さんやその弟子達の言動や問答を集めて、孔子さんの孫弟子達が約500の文章を20編に編集して約2500年前に出来ています。

その内容が現代においても十分に通じるということは、人間の本質は昔から同じであるとも言えます。

さて、その20編の中で一番始めの編が「学而第一」なのですが、今回の文章は学而第一の最後の文章です。

実は、以前に皆さんへ送付しました「人間学を学ぶその2」の中で既に解説をしています学而第一の一番始めの文章の中に

「人知らずして恨みず、また君子ならずや」とあり、

「人が自分を知らなくてもそれを気にしない人が立派な人だ」

という意味と、今回の文章は同じです。

人は自分のことを知って欲しいと思うのが人の情というものですが、孔子さんは「自分の能力を高めることで自然と周りが自分の事を知ってくれるから心配せずに勉強に励みなさい」と言っているのです。

更に、人の上に立つリーダーとしての資質には人を良く理解していることが必要である、という意味を孔子さんは言われています。

私達は自分の事を理解しようとしてくれる人に好意を持つのが人の情でもあります。

私達の日常生活においても、自分の事を知って欲しい、あるいは自分を正当化するために自己主張を強くするよりも、他人を知るための努力をする生き方の方が人間関係が自然と上手くいき、結果として自分の人生を幸せに出来るのではないでしょうか。

大変に自己主張の強い私も大いに自分を省みる機会を与えてくれた深い内容の文章です。

今回も一緒に良い勉強をさせていただきありがとうございます。

感謝合掌 山内 恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その1

人間力向上を目指す仲間の皆さんこんにちは。

さて人間学の第一回目ですが、出来れば一週間に一回くらいのペースで一緒に学んでいきたいと思いますので、宜しくお願いします。

まず、成人という言葉がありますが、これには二通りの意味があります。

一つは20歳になったら成人となる、誰でもなれる大人のことです。

もう一つの成人は論語にある立派な人と成る、という意味です。

立派な人間、人間らしい人間となるためには努力をしなければなりません。

その立派な人間となるための学問を成人学と呼びますが、それには知識や技術を身につける時務学と、道徳や習慣を学ぶ人間学との二つがあります。

時務学も人間学も立派な人間となるためには必要不可欠な学問ですが、人間学を本学、時務学を末学といって、論語では人間学を修めることが人間の根本であると説いています。

その人間学を学ぶために論語と大学という中国の古典を学んでいますが、私の復習を兼ねてまとめたものをメール配信しますので、皆さんと一緒に学びたいと思います。

尚、最近の論語ブームによって、多くの解説本が出ています。

私は伊輿田 覚先生に師事していますが、93歳という人生を経た上で論語の解説をされていますので、先生の解釈によって進めていく所存です。

一方的に読むだけでなく、時には論語の内容について議論をして、お互いが学びを更に深めることが出来ましたら幸いです。

性相近きなり、習い相遠きなり。

陽貨第十七

一番最初の論語はこれにしようと以前から決めていました。

意味は

『人は生まれた時に天から授かった性質や能力は大体同じようなものだが、習慣や学習によって大きく違ってくるものである。』

ですが、同じく論語の衛霊公第十五にも

『教えありて、類無し』ともあります。

意味は、人は育つ環境や習慣や学びによって変わるのであり、生まれつきの身分や人種の差はない、ということです。

結論は、人は一生、勤勉努力することが大切であるということです。

私も立派な成人、一流の経営者を目指して学んでいきますので、

これから論語や中国の古典を活用して一緒に学んでいきましょう。

山内恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その2

つばめのリーダーの皆さん、そして自らが人間学を学ぼうとされる皆さん、こんにちは。

二回目の人間学を学ぶを送付します。

子曰(のたま)わく、学びて時にこれを習う、また楽しからずや。

朋(友)遠方より来たる有り、また楽しからずや。

人知らずして怨みず、また君子ならずや。

学而第一

意味は

『孔子が言われた。聖賢への道を学んで、時に応じてこれを繰り返し実践し、その真意を自ら会得することが出来ることは、なんと喜ばしいことではないか。 共に道を学ぼうとして、思いがけなく遠方から同志(朋)がやって来るのは、なんと楽しいことではないか。 人が自分の存在を認めてくれなくても、自らが為すべきことを努めて止まない人は、なんと立派な人ではないか。』

詳しく解説しますと、

聖賢への道とは、聖人と賢人の両方を備えた知徳の備わった人を目指す道ということですが、簡単に言えば立派な人を目指して学ぶ、ということです。

そして、「習う」とは、ひな鳥が羽を何度も羽ばたかせて飛ぶ練習をする様を表した漢字ですが、繰り返して実践しなければ飛び立てません。

学ぶだけでなく、何度も実践をしなければ心身に会得は出来ないという教えですね。

また、友達を選ぶことは大切であり、酒や遊びを目的とする友達よりも、真剣に生きる道を求めることを目的とする朋友と酒を酌み交わすことは大切です。

単なる友達と朋友の違いはここにあります。

幕末の志士達が真剣に日本の将来を語り、命を賭して明治維新を迎えることが出来ましたが、彼らの多くは論語をしっかりと学んでいましたから、朋友と呼べる間柄なのでしょうね。

また、人知らずして恨みず、とは、学ぶというのは自分のためにするのですから、他人が評価してくれなくて気にせずに学ぶことが大事である、とも言ってます。

人間はとかく弱い存在ですから、誰かに認めて欲しいという気持ちが強いものですが、それが余り強すぎると立派な人物とはなれない、と言うことでしょうね。

論語は2500年前の中国の書物です。

これは孔子の言葉や弟子とのやり取りを孔子の死後に孫弟子が編集したものです。

20編、約500章の短い言葉ですが一つひとつが独立した文章ですので、どこから読んでも良い気軽に取り組める書物です。

次講は来週末に送ります。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

感謝合掌 山内 恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その3

人間学を共に学ぶ皆さん、こんにちは。

今回は日々、自分の行動や言動を振り返ることの大切さを諭す文章を勉強しましょう。

曾子(そうし)曰わく、吾(われ)日に吾(わ)が身を三省(さんせい)す。

人の為に謀(はか)りて忠(ちゅう)ならざるか、

朋友(ほうゆう)と交わりて信ならざるか、

習わざるを伝ふるか。

意味は

私は毎日、自分をたびたび省(かえり)みて、良くないことは省(はぶ)いている。

人の為を思って、真心からやったかどうか。「真心」

友達と交わってウソやいつわりはなかったか。「誠実」

まだ習得しないことを人に教えるようなことはなかったか。「学習の努力」

★文字解説

「曾子」という人物は孔子よりも46歳も若い弟子ですが、親孝行と実直さで知られており、孔子が大変に信頼していた弟子の一人です。

三省の「三」は、「常に」とか「何度も」という意味です。

「忠」とは「真心を尽す」という意味です。

「朋友」とは、前回も説明しましたが、真剣に生きる道を求める同志です。

人間はちょっと成功すると直ぐに有頂天になったり、あるいは偉くなって地位や名誉を手にして周りからチヤホヤされると、自分のことを素直に省(かえり)みなくなるものです。

孔子という偉人でさえ、人に対する真心。友人への誠実さ。教わったものを自分のものにするための努力。

これらが本当に毎日毎日欠かさずできているのかを素直に省(かえり)みていました。

私達も人間力を向上させる第一歩として、素直に吾が身を毎日省みたいものです。

論語の解説と私の所感を判りやすく説明しているつもりですが、もし判らないこと、疑問に思うことがあれば遠慮なくメールにて問い合わせをして下さい。

判らないことを聞いて下さることが私の更なる勉強になります。

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

感謝合掌 山内恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その4

人間学を学び、人間力の向上を目指す同志の皆さんへ

今回のテーマは論語からではなく、同じく中国の偉大な思想家である老子という人の言葉を勉強します。

「恨みに報(むく)ゆるに徳を以(もっ)てす」

意味は

どんなに非道な仕打ちを受けても相手を恨まないことが人としての正しい生き方である。

今現在、恨みに報いるのに恨みをもって行っているのが、アメリカの貿易センタービル爆破に対する報復として行っているイラクやアフガニスタンへのイスラム過激家への弾圧です。

結局は、報復の連鎖が続き、終止するところが判らない泥沼状態になっています。

結局は恨みに報いるのに、恨みをもって行うと限りなく責め合い地獄になるということです。

この点、昔の中国人には立派な教育を受けた指導者が多かったようです。

一番有名な方が中華民国の蒋介石総統です。

太平洋戦争が終結した時に、蒋介石総統は

「昨日の敵は今日の友、恨みに報ゆるに徳を以てす」

と宣言されて、数百万人の軍人や民間人を丁重に日本へ送り返してくれました。

そして賠償権と進駐権を放棄しただけでなく、日本の天皇制の護持を明確に支持してくれました。

そのお陰で、ソ連が日本へ進駐するわけにいかずに、日本は二分されずに済んだのです。

更にソ連はシベリアに数十万人もの日本人を抑留して多くの犠牲者を出したことは日本人は皆知っています。

これは学校では教えませんが歴史の事実です。

しかし、中国には多くの民族が住んでいますので、その蒋介石を台湾に追いやり中国での実権を握った今の中国の指導者達は「恨みに報ゆるに恨みを以てす」、目には目を、歯には歯をという考え方が強い人種であることはいちいち説明をしなくても日本人は皆知っています。

「恨みに報ゆるに徳を以てす」という生き方は容易なことではありません。自分の心の中で戦い、自らを律する努力が必要です。

しかし、相手がいかに出てこようとも、私達日本人はそれに引きずられないで、自らを省みながら正しい対応の仕方をすることが今こそ大切ではないでしょうか。

そのためにも論語や中国の古典を通じて人間として正しい生き方を学んで人間力の向上に努めたいものです。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

感謝合掌 山内恭輔

 

社長と共に人間学を学ぶ その5

人間学を学ぶ仲間の皆さん、こんにちは。

巧言令色(こうげん れいしょく)、鮮(すく)なし仁(じん) 【学而第一】より

口先が巧みで、心にもなく顔つきを和らげて媚びへつらう者に、誠実な人間はほとんどない。

「巧言」とは、口達者
「令色」とは、相手によって顔色を変える、すなわち媚びへつらう
「鮮なし」とは、少ない
「仁」とは、いつくしみ、思いやりと直訳出来ますが、論語では徳を備えた人を言います。
「鮮なし仁」を直訳すると「仁の心が乏しい」ですが、ここでは誠実な人間はほとんど居ない、と訳しました。

話し上手であるとか、外見を着飾る事よりも、内面を磨くことの大切さを説いた言葉であり、孔子さんの厳しい人間観を良く表しています。

外面的な事ばかりを気にするのは、2500年前も今も同じであり、基本的に人間は成長していないと言うことでしょうね(笑)

だからこそこのように人間学を学ぶことは大切だと思います。

これを裏返して、孔子さんは

剛毅木訥(ごうき ぼくとつ)、仁(じん)に近し

【子路第一三】より

意味は

意志が強く、たやすく屈することがなく、飾り気が無くて口数が少ない人間は、完成した徳を備えた者に近い

「剛(ごう)」とは、物事に恐れずに立ち向かう強さ
「毅(き)」とは、苦難に耐え忍ぶ強さ
「木(ぼく)」とは、質実で飾らない
「訥(とつ)」とは、口数が少ない

自らが正しいと信じるものには、その命さえ惜しまぬなら、当然に【剛毅】になるでしょうし、利己的な打算がなければ飾る必要もないから、当然に【木訥】にもなるでしょう。しかし、このような人間でも、《仁》(完成した徳をそなえた人間)そのものではない、と孔子は言われます。

ここにも孔子さんの厳しい人間観が表れていると思います。

仁者を目指すことが人間学を学ぶ目的でもあります。

論語は500編ほどありますが、「仁」という言葉は40カ所近く出てきます。

「仁」を理解することが論語の理解を深めますので、次回は「仁」について勉強していきたいと思います。

なお、この二つの論語は大変に有名な言葉であり、掛け軸などにも書かれていますので、原文も覚えておくと良いと思います。

「巧言令色鮮矣仁」 「剛毅木訥近仁」

感謝合掌 山内恭輔

社長と共に人間学を学ぶ その6

人間学を共に学ぶ皆さん、こんにちは。

前回、皆さんに「仁」について学んでいきましょうとお約束をしましたので、今回は仁について解説します。

子曰(し、のたま)わく、仁遠からんや。
我仁を欲すれば、ここに仁至る。

【述而(じゅつじ)第七】

意味は

先師が言われた。

仁は人が生まれながらに与えられているもので、遠くに求めるものではない。
従って、仁を実践しようと思えば、仁は直ちに実現されるであろう。

前回において「仁」とは、論語においては「完成された徳を備える人」という難しい表現をしましたので、仁は特別な人しか出来ないと思われた人も多いかも知れません。

しかし、孔子さんは仁とはそんなに肩肘張るような難しいものではないと諭されます。

伊與田先生は、仁の心を持つ最も身近な者は、子供に対する親であると言われます。

親の持つ心を親心と言いますが、親心は我が子を無条件に受け入れます。

時には吾が命と引き替えに我が子を守ろうとさえします。

親は我が子と一体感を感じて、子供のことが手に取るように判ります。

このような親心こそが仁そのものです。

人間だけでなく、他の動物も親となったら子供を一体と感じるがゆえに、教えられなくても子供をちゃんと育てることが出来るのです。

仁は、決して遠くの世界にあるものではなく、親であればだれでも仁の心を持つことが出来るというものです。

だから「我仁を欲すれば、ここに仁至る」、すなわち、仁を実践しようとすれば、仁は直ぐに実現出来るよ、と孔子さんは言われるのです。

もし、この親心を我が子だけでなく、全ての人に対して持つことが出来たら大変に素晴らしいことですね。

仁というのは、相手と自分を区別して隔てないことです。

相手を喜ばせることを中心に考えることが仁の心です。

戦後の道徳教育を否定した歪んだ教育によって自己中心の考えが蔓延していますが、今こそ私達大人が仁の心を実践して、正しい生き方のお手本を示すべきではないでしょうか。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

感謝合掌 山内恭輔

 

社長と共に人間学を学ぶ その7

人間学を学ぶ朋友(志を共にする最上位の友人関係の意味です)の皆さん、こんにちは。

さて、今回は父親についての論語を一緒に学びましょう。

短い文章ですが、父親に対する態度や考え方を子供に諭すと同時に、父親自身にも自らが子供や周りから尊敬される人物になることを暗に諭す、なかなか意味深い一文です。

子のたまわく、父存(いま)せば其(そ)の志を観(み)、父没すれば其の行いを観る。

三年、父の道を改むる無くんば、孝という可(べ)し。

『学而第一』より

意味は

孔子が言われた、父が生きている時には、その気持ちを察して、父に従うように努め、父が亡くなられてからは、その行われた跡を観て、これを継承するのがよい。
そうして三年の間、父のしきたり(行ったこと)を改めず、ひたすら喪に服する人なら、真の孝子(親孝行な人)と言えるであろう。

まず言葉の解説をします。

『子のたまわく』の子は孔子さんのことを示します。

『観る』という言葉を使っていますが、『見る』とは意味合いが違います。

内観という言葉がありますがこれはその人の心の内側を観る、という意味です。

それに対して、見るというのは目に見える表面的な見方を意味します。相手の気持ちを察することで観る力を養いたいものです。

『父在せば其の志を観る』、『父没すれば其の行いを観る』

昔も今も父親はあまり語らない存在だったようです。

しかし、子供は父親の気持ちを察する努力をして、それに従うことが大切だと孔子さんは言われます。ここに、子供が父親に対する取るべき態度を表しています。

更に、父親が亡くなられてからも『しきたり』を改めない、というのは、道徳的な観点からの行い、あるいは家訓のような家族が大切にしている行いや考え方を示します。

例えば、親族や近所との付き合い方、朝晩に先祖を奉る儀式のやり方、等です。

しかし、しきたりを改めないことも大切ですが、それよりも三年もの長い間、喪に服する気持ちを持つことの方が大切だと言われます。

喪に服する、というのは何もしないということではありません。

孔子さんの一番弟子と言われる曹子(そうし)さんは師匠である孔子さんが亡くなられてから6年の間、ずっと墓守りをしながら勉強をして、更に孔子の教えを深めて、その後の弟子達が孔子さんの言葉を編集して論語を創る基を作られたそうです。

孔子さんも立派な方ですが、曹子さんも立派な方です。

『孝』という意味は親孝行を表しますが、論語では親孝行は立派な人間、すなわち仁徳者であるための第一条件であるとしています。

更に、親孝行とは、単に親を養うことではない、養うだけなら牛馬でもしているのであり、真の親孝行は親を心から敬愛することだと孔子さんは言われています。

社会的に成功者と言わるようになった人でも、いつまでも親に対する敬愛を忘れていない人こそが周りからの尊敬を得ることが出来ます。

私達も親を心から敬うことで親孝行をすると共に、子供達から尊敬される人間を目指してこの人間学を学び、人間的成長を目指していきましょう。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

感謝合掌 山内恭輔

1 2 3